公立大学法人大阪市立大学

専門家講座(マスコミコース《民間放送メディアの歴史と魅力を語る》)

専門家講座は、一般市民の方及び本学学生等を対象に、各分野で活躍されている本学の卒業生・教員等の専門家が講師となり、最新の活きた知識と情報を提供し、実践的な教育と大阪の文化向上に寄与するため実施しています。

                                       (講座の難易度の目安)
                                       ★一般市民向け 入門講座等
                                      ★★一般市民向け 初級講座等
                                     ★★★一般市民向け 中級講座
                                    ★★★★専門家向け講座・研修 中級
                                   ★★★★★専門家向け講座・研修 上級
 
複数の講座の受講を希望される場合は、上記の「まとめて申し込み」よりお申し込みください。

開催日時 タイトル 講師 申し込み

2014年03月06日(木)
18:30~20:00

黎明期のテレビ ―ドキュメンタリーの消長とワイドショー「11PM」―

日本のテレビ放送は街頭テレビから始まりました。プロレスやプロ野球が人気を集めましたが、やがてドラマやドキュメンタリー番組で存在感を示し始めます。しかし視聴率競争と経営優先主義がワイドショーを生み出しました。
元読売テレビプロデューサー 
尾中 信明

2014年03月13日(木)
18:30~20:00

「ラジオ」想像力と情感のメディア

新聞、テレビ、ラジオにはそれぞれメディア特性があります。ラジオは音声だけで伝達するメディアです。映像がないことにより、人間の感性を鋭くし、想像力を豊かにします。また、真実性と情感を伝えることに優れています。他のメディアにないラジオの特性、魅力を放送音声を交えて語ります。
元ラジオ大阪プロデューサー 
吉村 直樹
項目 詳細
会場

大阪市立大学 文化交流センター ホール

(大阪駅前第2ビル 6階) ℡06-6344-5425

MAP

定員・対象

16歳以上の方 住所・勤務地に関係なく申し込めます。

各回120名、先着順

参加費・受講料 1回500円(大阪市立大学の学生は無料)

添付ファイル