公立大学法人大阪市立大学

第159 回市民医学講座『現代のうつ病治療』

2011年夏に厚労省は、精神疾患をがん、脳卒中、心臓病、糖尿病と並ぶ「5大疾病」と位置づけ、重点対策を行うことを決めました。この気分障害の患者数の急増は、激しい競争のために生ずる社会の歪みや葛藤とは無縁でありません。もはや個人の問題と放置できなくなったのです。一方で現実世界の葛藤を薬物療法で解決できないのも当然です。その困難とどの様に向き合うのか、症例を通じて考えます。

開催日時 タイトル 講師 申し込み

2012年01月18日(水)
18:10~20:00

現代のうつ病治療


大学院医学研究科 神経精神医学 准教授

永田 利彦

項目 詳細
会場

大阪市立大学医学部医学情報センター・ホール(あべのメディックス6階)

〒545-0051 大阪市阿倍野区旭町1-2-7 あべのメディックス6階

MAP

定員・対象

18歳以上の方

150 名(申し込み多数の場合抽選)

参加費・受講料 無料、資料代実費(500 円程度、希望者のみ)