公立大学法人大阪市立大学

全国同時七夕講演会2022


【お詫び】(2022年7月4日付)
2022年7月3日(日)20時44分から7月4日(月)14時19分にかけて、Webサイトからのお申し込みができない事象が発生していました。
不具合を解消し、現在、Web申し込みを再開しております。
ご不便をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。


大阪公立大学×大阪市博物館機構 博学連携事業
全国同時七夕講演会2022
暗黒星雲から、生命生存可能な地球型惑星環境圏へ

本講演会は、大阪市博物館機構との包括連携協定に基づく博学連携事業として開催します。本学教員が講師となり、惑星科学の視点から地球外生命の可能性に迫ります。


開催日時

20227月31日(日)14:00~16:00(開場 13:30

会 場

大阪市立科学館 多目的室
(〒530-0005 大阪市北区中之島4-2-1


会場へのアクセスは「大阪市立科学館」のWebサイトをご覧ください。
http://www.sci-museum.jp/info/access/

講 師

前澤 裕之 
大阪公立大学大学院理学研究科 准教授 (物理学専攻 宇宙・高エネルギー物理学講座)

講演概要

生命は生命からしか生まれない。このことを今年生誕200年を迎えるルイ・パスツールが実験で示しました。

そして現在、小惑星探査機「はやぶさ2」が小惑星からアミノ酸を検出して大きな話題となっています。

生命の起源にもなり得るような物質が、宇宙の暗黒星雲や星形成領域などで、どのようにつくられるのでしょうか?また、地球では生命が育まれてきましたが、兄弟惑星であるお隣の金星や火星は、いったいどのような環境なのでしょう?2019年には、ミシェル・マイヨール氏らが太陽系外惑星を発見した功績でノーベル物理学賞を受賞しましたが、太陽系以外でも、地球のような住み良い惑星圏環境は広がっているのでしょうか?

本講演では、私たちの銀河で交信可能なレベルの地球外文明の数を推定するドレイク方程式なども紹介しながら、暗黒星雲から生命生存可能な地球型惑星環境圏に至るさまざまな事象についてお話しします。

対 象

内容は中学生以上を対象としていますが、どなたでも参加できます。

定 員

50名(定員を超えた場合は抽選により参加者を決定)

参加費

無料

申込方法

web申し込み〉 【申込締切:7月19日(火)】
以下のURLよりお申し込みください。


※『osaka-cu.ac.jp』『omu.ac.jp』いずれのドメインからもメールを受信できるよう設定してください。
※お申し込み後、受付をお知らせするメールが自動返信されますが、参加の決定を通知するものではありませんのでご注意ください。
※お申し込み後、24時間経ってもメール(自動返信)が届かない場合は、下記問い合わせまでご連絡ください。

〈往復はがき申し込み〉 【申込締切:7月19日(火)必着】
①氏名(ふりがな)② 住所 ③ 連絡先電話番号 を記入し、返信面に返信先住所・宛て名をご記入の上、下記宛て先までお申し込みください。

558-8585 大阪市住吉区杉本3-3-138
大阪公立大学 地域連携センター 「全国同時七夕講演会 2022」係


【申し込みにあたっての注意事項】
※お電話・FAX・メールでのお申し込みはお受けすることができません。
Web申し込み1回につき1名様、はがき1通につき1名様のみのお申し込みとなります。
ご記入いただきました個人情報は、お申し込み後の事務連絡、イベントのご案内のみに使用し、利用目的以外には一切使用いたしません。
※定員を超えた場合は抽選により参加者を決定します。
※参加の可否は2022年7月22日(金)までにメール通知または返信用はがき郵送にてお知らせします。


本講演会は新型コロナウイルス感染防止対策を講じて開催いたします。ご協力をお願いいたします。

感染の状況により、開催方法の変更や開催見合わせの可能性があります。
入館時に体温測定を行います。時間に余裕をもってお越しください。当日の体温が37.5℃以上の方は入館できませんので、ご了承ください。
必ずマスクの着用をお願いします。マスクをお持ちでない方の入館はご遠慮いただいております。
入館後、「大阪コロナ追跡システム」へのメールアドレス登録をお願いします。
こまめな手洗い、手指消毒の徹底をお願いします。


問い合わせ先

大阪公立大学 地域連携センター
〒558-8585 大阪市住吉区杉本3-3-138
TEL:06-6605-3504(平日 9:00~17:00)
E-mail:gr-shak-kouza4c[at]omu.ac.jp
    
sharen-kouza-shidai[at]list.osaka-cu.ac.jp 
    ※[at] を@に変えてください


★★★全国同時七夕講演会とは★★★
七夕の日の夕方やその前後の週末などに、全国各地で同時に天文や宇宙の講演会を実施するイベント。2009年、ガリレオ・ガリレイが世界で初めて望遠鏡を宇宙に向けてからちょうど400年となることを記念し、国際連合・ユネスコ・国際天文連合はこの年を「世界天文年」と定め、それにちなんだ企画として「全国同時七夕講演会」が始まりました。


全国同時七夕講演会Webサイトはこちら↓
https://www.asj.or.jp/tanabata/2022/



★★★大阪公立大学中百舌鳥キャンパスでも「七夕講演会・観望会」を開催します!!★★★

詳しくはこちら↓
http://www.astro.s.osakafu-u.ac.jp/

日時:2022年7月8日(金)18:00~

会場:大阪公立大学 中百舌鳥キャンパス C1棟 学術交流会館
主催:大阪公立大学 大学院理学研究科 電波天文学研究室

   大阪公立大学 宇宙科学技術センター

   大阪公立大学 天文部

問い合わせ先:大阪公立大学 大学院理学研究科 電波天文学研究室
                          TEL  072-254-9726


項目 詳細
会場

大阪市立科学館 多目的室

定員・対象

内容は中学生以上を対象としていますが、どなたでも参加できます。

50名(定員を超えた場合は抽選により参加者を決定)

参加費・受講料 無料

添付ファイル