公立大学法人大阪市立大学

ミュージアム連続講座2021

「天文と歴史」(全3回)

 大阪市立大学・大阪市博物館機構・大阪市文化財協会・大阪市立難波市民学習センター主催のミュージアム連続講座を開催します。
 今年は「天文と歴史」をテーマとして、火星探査や民間企業の躍進に注目が集まる中、多種多様な視点で天体について考えます。

開催日時

①2022年3月13日(日)14時00分~16時00分(13時30分 開場)
②2022年3月20日(日)14時00分~16時00分(13時30分 開場)
③2022年3月27日(日)14時00分~16時00分(13時30分 開場)
※3回通しのお申し込み

会場

大阪市立難波市民学習センター 講堂
 (大阪市浪速区湊町1丁目4番1号 OCATビル4階)

●Osaka Metro(旧:市営地下鉄)各線「なんば駅」、南海電車「難波駅」、近鉄・阪神電車「大阪難波駅」よりなんばウォーク、OCATウォークを西へ。「OCAT」「JR線」の表示に沿ってお越しください。
●JR「JR難波駅」すぐ。
●大阪シティバス(旧:市バス)「JR難波駅前」下車すぐ。
 

定員 

50名(事前申込要・申込多数の場合は抽選)

参加費 

無料

対象

どなたでも

内容

①2022年3月13日(日) 
「人類は宇宙をどのようにとらえてきたか」
・・・・石原 秀樹(大阪市立大学大学院理学研究科 教授)
「宇宙を聴く新しい観測手法:重力波天文学のはじまり」
・・・・伊藤 洋介(大阪市立大学大学院理学研究科 准教授)

②2022年3月20日(日)
「月と人 ―観月、盈虚(えいきょ)、月光の民俗―」
・・・・俵 和馬 (大阪歴史博物館 学芸員)
「火星を知る」
・・・・飯山 青梅(大阪市立科学館 学芸員)

③2022年3月27日(日)
「朝鮮半島高句麗(こうくり)の壁画古墳  ー天と星にかける願いー」
・・・・南 秀雄(大阪市文化財協会 学芸員)
「江戸時代の天文学者と太陽系」
・・・・嘉数 次人 (大阪市立科学館 学芸員)

※詳細はチラシにてご確認ください。 

申込は、<難波市民学習センター>Webサイトにて受け付けています。
※申込締切:2022年2月27日(日)


主催 

大阪市立大学・大阪市博物館機構・大阪市文化財協会・大阪市立難波市民学習センター



項目 詳細
会場

大阪市立難波市民学習センター 講堂

定員・対象

どなたでも

50名(事前申込要・申込多数の場合は抽選)

参加費・受講料 無料

添付ファイル