公立大学法人大阪市立大学

第18回三大学連携事業公開講座

 SDGs誰一人取り残さない社会のために

SDGs(持続可能な開発目標)とは、国連が示した17のゴール・169のターゲットから構成される、2030年までの達成を掲げた国際目標です。
新型コロナウイルス感染症の大流行は、世界中の人々の人生や生活に大きな混乱をもたらし、さまざまな社会問題を浮き彫りにしました。人類全体がこの先何年もその影響を受けながら生きていくことになり、とりわけ最も弱い立場にある人たちが最も大きな打撃を受け続けることになると言われています。
前代未聞の危機を迎えた世界で、格差の拡大が加速し、多くの人の尊厳や平等、健康な環境が脅かされています。
SDGsで提唱される「誰一人取り残さない社会」に近づくため、私たちに何ができるでしょうか。
国内外の貧困・困窮の改善やジェンダーの平等のため、一歩踏み出して行動し、活動している方を招き、基調講演とパネルディスカッションを行います。
国内外の多様な課題に目を向け、一緒に考えていきましょう。

開催日時

2021年11月28日(日)13時00分~15時55分

開催形式

Zoomウェビナーを使ったオンライン開催
※参加(視聴)にはパソコンやスマートフォンなどの端末及びインターネット環境が必要です。通信費等は参加者負担となります。

定員 

450名(事前申込要・先着順)

参加費 

無料 

プログラム 

13:0013:05開会挨拶大阪市立大学 学長 荒川 哲男
13:0514:05基調講演途上国から世界に通用するブランドをつくる
山口 絵理子氏(株式会社マザーハウス代表取締役兼チーフデザイナー)
14:0514:20休憩学生作成資料の配信
14:2015:50三大学卒業生による
パネルディスカッション
「誰一人取り残さない」未来のために私たちができること
ファシリテーター:大阪市立大学大学院生活科学研究科 准教授
         垣田  裕介
パネリスト:仲岡 しゅん氏(うるわ総合法律事務所 代表弁護士)
        
中村 葉子氏(大阪府立大学非常勤講師、大阪府立大学客員研究員)
        
杉谷 嘉紀氏(社会福祉法人寝屋川市社会福祉協議会 社会福祉士)
15:5015:55閉会挨拶関西大学 学長 前田 裕

応募締切 

2021年11月15日(月)
※定員に達し次第締切

参加申込方法

【Web申込み】
(1)メール受信設定の確認
お申し込みにはメールアドレスが必要となります。
携帯キャリアメールのアドレスを使用する場合は、「osaka-cu.ac.jp」のドメインからのメールを受信できるよう設定してください。

(2)申込ページへアクセス
(1)の設定後、下記URLから申込ページにアクセスしてお申し込みください。
※お申し込み後24時間経っても申込完了メールが届かない場合は、下記問い合わせ先までご連絡ください。

※申込は先着順となります。
Web申込1回につき1名様のお申し込みとなります。
※お申し込みの際にお伺いした個人情報は、申込後の事務連絡やイベントのご案内のみに使用します。利用目的以外には一切使用いたしません。

問い合わせ

大阪市立大学地域連携センター (平日9:00-17:00)
TEL:06-6605-3504  FAX:06-6605-3505

主催 

大阪市立大学・大阪府立大学・関西大学

後援

大阪府・大阪市


◇三大学連携事業について◇

 大阪市立大学、大阪府立大学、関西大学は、大阪都市圏に立地する大学として、より活発な相互交流を推進するため、幅広く連携を強化していくことについて合意し、平成20年11月6日に包括連携協定を締結しました。その連携事業の一つとして、平成21年度から公開講座を共同開催しており、このたび、第18回 三大学連携事業公開講座を実施します。



項目 詳細
会場

オンライン

定員・対象

どなたでも

450名(事前申込要・先着順)

参加費・受講料 無料 ※通信等にかかる費用は参加者負担

添付ファイル