公立大学法人大阪市立大学

第254回 市民医学講座 「変わりゆく肝硬変の原因と治療」

新型コロナウイルス感染症等の影響により、
当面の間Web配信にて市民医学講座を実施いたします。
肝硬変は、慢性肝疾患の終末期の病態と考えられています。そのため慢性肝疾患に対する治療法の進歩とともに肝硬変に至る病因は変わってきました。
症状ない肝疾患において肝硬変はどの様にして診断されるのか、さらに肝硬変と診断された時はどの様な治療があるのか最新の情報をお話します。

公開日

2021年7月20日(火)※撮影・編集の都合により公開日が変更となる場合がございます

講演者

田守 昭博 病院教授(大阪市立大学医学部附属病院 肝胆膵内科・輸血部)

申込方法

不要 どなたでもご覧いただけます。

Web配信先

大阪市立大学医学部医学情報センター
   URL: https://www.msic.med.osaka-cu.ac.jp/

閲覧方法

1.公開日以降にWeb配信先(https://www.msic.med.osaka-cu.ac.jp/
にアクセスいただきますと【更新情報・お知らせ】に
Web配信閲覧手順

第254回市民医学講座「変わりゆく肝硬変の原因と治療」の動画配信を開始いたしました。
と表示されますので、表示されている文字をクリックしてください。

2.動画配信ページに画面が移動いたしますので、画面右側に表示されている
ビデオテープのアイコン
ビデオテープのアイコンをクリックしていただくと動画の再生がはじまります。


項目 詳細
会場

オンラインプログラム

定員・対象

18歳以上の方

なし

参加費・受講料 無料

添付ファイル