公立大学法人大阪市立大学

大阪市立大学地域連携センター 開設記念 地域防災フォーラム「いのちを守る都市づくり」

「いのちを守る都市づくり」とは、東日本大震災をうけ、大阪市立大学が地域住民・行政と連携し、専門分野横断組織で取り組む都市防災研究活動です。この活動は、単に都市における建物やライフラインなどの防災力を見直すことではなく、そこにいる「人の力」そこで営まれる「コミュニティの力」を高めて、「いのちを守る力」を育成します。

このフォーラムは、本学と地域の窓口となる「地域連携センター(H25.2開設)」を記念して「防災劇」「体験型ワークショップ」「対談:コミュニティと防災」の3部構成で行います。地域防災を子どもから高齢者の方々まで幅広い世代にわかりやすく伝え、ともに考える場となることを切に願い、皆さんのご参加をお待ちしています。

  日 時:平成25年3月16日(土)
  場 所:大阪市立大学 学術情報総合センター10F

<第1部> 13時〜14時 地域防災劇「いのちを守るまち(仮題)」
      ・OCU劇団 スミヨシ・アクト・カンパニー
      ・演出/福島祥行(文学研究科教授)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
第2部> 14時〜15時 ワークショップ「いのちを守るしくみ体験」
      ・体験型などを含め、10のワークショップを巡ります。
       〈市大グッズがもらえる、シールラリー開催〉
      ・報告「12/8地域防災ワークショップ」
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
<第3部> 15時〜17時 対談「コミュニティと防災」
      ・報告「いのちを守る力ドリル」
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
<懇親会> 17時〜19時
      場所:学術情報センター10階 研究者交流室
      会費:500円(懇親会参加申込者のみ)

information 1
第1部 地域防災劇『いのちを守るまち(仮題)』
by  OCU劇団 スミヨシ・アクト・カンパニー
2013年1月、大阪市立大学都市防災研究グループの呼びかけにより、住吉区在住の子どもから大人まで、幅広い世代による劇団を設立。
ここに ~road to 3.16~と題して、劇団猛練習の模様をお伝えします。

information 2

地域連携センター
~都市大阪のシンクタンクをめざして、都市課題・地域ニーズに応える拠点~
ホームページ はこちら

 

 


項目 詳細
会場

大阪市立大学 学術情報総合センター10F

〒558-8585 大阪市住吉区杉本3-3-138 JR阪和線「杉本町(大阪市立大学前)駅」下車、東へ徒歩約5分。 地下鉄御堂筋線「あびこ駅」下車、4号出口より南西へ徒歩約20分 。

MAP

定員・対象

どなたでも。

200名 先着順

参加費・受講料 無料 (懇親会に参加される方は、会費500円)

添付ファイル