公立大学法人大阪市立大学

第17回三大学連携事業「SDGs―いま考えるべき水の未来―」

SDGs(持続可能な開発目標)とは、国連が示した17のゴール・169のターゲットから構成される、2030年までに世界中でその達成をめざす国際目標です。「私たちの暮らしは世界の持続可能性に通じている」「誰一人取り残さない」。SDGsが呼びかけるこうした発想を、三大学での取り組みを紹介しつつ、一緒に考えていきましょう。



【日  時】令和2年11月28日(土) 13:00~15:55

【開催方法】オンライン開催(LIVE配信)

◇主なプログラム
 ◆基調講演:「水と気候変動と持続可能な未来」
  沖    大幹  (東京大学総長特別参与、国際連合大学上級副学長 

 
 ◆パネルディスカッション:「世界、日本での水資源問題について
 <パネリスト>
       沖     大幹  (東京大学総長特別参与、国際連合大学上級副学長
  相馬 明郎  (大阪市立大学大学院 工学研究科 教授)
       遠藤 崇浩  (大阪府立大学 現代システム科学域 教授)
       岡  照二  (関西大学 商学部 教授)
       学生代表      (大阪市立大学・大阪府立大学・関西大学) 
     
 <司会>  
  大塚 耕司   (大阪府立大学 現代システム科学域 学域長)

 申込・詳細は〈大阪府立大学地域連携室〉ホームページをご確認下さい。
  ※申込締切:11月13日(金)

◇三大学連携事業について◇
 大阪市立大学、大阪府立大学、関西大学は、大阪都市圏に立地する大学として、より活発な相互交流を推進するため、幅広く連携を強化していくことについて合意し、平成20年11月6日に包括連携協定を締結しました。その連携事業の一つとして、平成21年度から公開講座を共同開催しており、このたび、第17回 三大学連携事業公開講座を実施します。


項目 詳細
会場

オンライン

定員・対象

一般・学生

なし(事前予約制)

参加費・受講料 無料

添付ファイル