公立大学法人大阪市立大学

【開催中止】~市大に一日体験入学しませんか~ 令和2年度高校生のための「市大授業」

 

【お知らせ】 2020.04.08

「市大授業」は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、開催を中止いたします。 
申し込みいただいた方には、登録されている連絡先へお知らせしておりますのでご確認ください。   



 「市大授業」は、高校生や保護者の方をはじめ大阪市立大学に関心をお持ちの方々に、本学の講義やキャンパスの雰囲気を体験してもらい、大学で学ぶことの楽しさを感じていただくことを目的として毎年開催しています。
 今回も文学部・理学部教員による授業や、文学部学生とのフリートーク、日本有数の規模を誇る大学図書館を有する学術情報総合センターの施設見学会を実施します。
 ぜひこの機会に1日市大生を体験してください!!

新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、大学方針により当日の開催が中止または延期となる可能性があります。中止または延期となった場合は、各学部Webサイトや地域連携センターSNS等の媒体にて告知しますので、ご確認ください。

文学部HPはコチラから 
◆理学部HPはコチラから

お申し込みいただいた方には、申込時の連絡先(メールアドレス・FAX)へ個別に通知いたします。団体で申し込みされた高校等には、代表者の方へ通知いたしますので、受講者へお知らせくださいますよう、ご協力をお願いいたします。

会場

大阪市立大学杉本キャンパス(大阪市住吉区杉本3-3-138)各会場
アクセスはこちら
会場マップはこちら

対象

高校生・保護者の方・本学に関心をお持ちの方

定員

各コース150名(先着順)
※文学部学生とのフリートーク/施設見学会は事前申込不要

申込方法

下記いずれかの方法でお申し込みください。申し込み後「受講通知書」をお送りします。申し込みの際には、下記の注意事項を必ずご確認ください。

▶WEB申込の場合
 ★申込フォーム★よりお申し込みください。
  ※osaka-cu.ac.jpドメインからの申込完了メールを受信できるよう、各自メールを設定してください。

▶往復はがき・FAXでの場合
 ①参加希望コース ②氏名・ふりがな ③住所 ④連絡先電話番号(FAX番号)⑤高校名 ⑥新学年を明記し、
 下記申込先へお送りください。
  往復はがきの場合は返信面に返信先住所・氏名を記入してください。
  【申込先】〒558-8585 大阪市住吉区杉本3-3-138 
       大阪市立大学地域連携センター「市大授業」係
       (FAX番号)06-6605-3505
【注意事項】
●教室に入り授業を受ける方それぞれのお申し込みが必要です。同伴者の方も、授業を受ける場合は、
 別途お申し込みください。申し込みがない場合は、定員の都合上受講できないことがあります。
●申し込み後、1週間経っても受講通知書が届かない場合は、お問い合わせください。 
●受講できるコースは1・2時限よりそれぞれ1コースずつとなります。 

プログラム

文学部HPはコチラから
理学部HPはコチラから
1時限目 13:00~14:10
【文1A】国際的な視点から眺める日本の文学とは? 
アジアのなかの日本、あるいは世界のなかの一地方としての日本といった観点から、日本の近代文学を眺めてみるとき、一体どのような研究の可能性が見えてくるでしょうか。本授業では、日本の歴史と文化の特徴を考えながら「境界」「境界者」ということをキーワードにして、高校で学んだ日本近代文学史のなかには出てこないような例を紹介しながら、大学で研究することの面白さを伝えていきたいと思います。



文学部文化構想学科
アジア文化コース
堀 まどか 准教授

【文1B】科挙からみた中国の社会-「歴史を学ぶ」から「歴史で学ぶ」へ
かつて中国では官吏登用試験として科挙が行われていました。その名称を聞いたことがある人は多いでしょう。では、その実状はいかなるものだったのでしょうか。そもそも受験勉強の仕方は?当時の受験参考書には何が書いてあったのか?出題内容は?どのように採点したのか?最新の研究成果を踏まえて、科挙の実態を明らかにします。そのうえで、大学で学ぶ歴史学について考えてみたいと思います。


文学部哲学歴史学科
世界史コース
渡辺 健哉 准教授

【理1C】代数方程式の解の存在
実数の世界では「2次方程式の解」が「2次関数のグラフとx軸との共有点のx座標」になります。この方程式の変数を実数から、2乗したら負になる数もある複素数へ拡げて遊んでみましょう。紙と鉛筆を用いて思考実験しながら複素変数の関数のグラフを介してビジュアル化することで、数を拡げたこの世界では代数方程式の解が確かにある!と実感していただければ幸いです。


理学部数学科 
濱野 佐知子 准教授

【理1D】生命機能を支える金属イオンの役割-化学者の視点ー
ヒトの体重の99%は炭素、窒素、酸素、水素、リン、カルシウムで占められ、金属、特に遷移元素と呼ばれる金属の割合は1%未満です。しかし、この金属が欠乏または過剰状態になると生命機能が乱れ、様々な病気に繋がります。この授業では、生命機能に重要な金属含有タンパク質の機能をいくつか紹介し、病気と金属、薬と金属の関係を化学の視点から眺めてみたいと思います。


理学部化学科
中島 洋 教授

【理1E】火山と熱水活動ープレートテクトニクスに伴う物質循環ー
プレートテクトニクスは地球が生きている証拠です。これに伴っておこる大規模地震や火山噴火は私たちの生活を脅かす災害となりますが、一方で、美しい風景を作り、温泉や金属資源鉱床などの自然の恵みをもたらします。この授業では、南海トラフで行なった深海掘削や九州の活火山での調査風景を紹介します。また、調査で得られた試料の分析結果から見られる、物質の循環過程でおこる様々な現象と人間社会との繋がりについてお話しします。



理学部地球学科
益田 晴恵 教授

2時限目 14:40~15:50
【文2F】ドイツの学校で生徒は何を学ぶか
ドイツでは伝統的に、学校は昼に終わり、部活もなく、宿題を課すことも禁止されています。また、職員会議には生徒の代表者たちが参加しています。こうしたしくみは、ドイツ社会の中では「常識」となっていますが、日本の「常識」とは違っています。ドイツでなぜこのような「常識」ができあがり、そこで生徒は何を学んでいるのでしょうか。外国を知ることで、逆に、私たちが「常識」として見過ごしていることが何かを考えます。


文学部人間行動学科
教育学コース
辻野 けんま 准教授

【文2G】閏月(うるうづき)の詩歌-平安朝文学における季節感-
平安朝の人々は、四季の移ろいをどのように捉え、文学作品に表わしていたのでしょうか。太陰太陽暦における閏年(うるうどし)に加えられる「閏月(うるうづき)」。その閏月に作られた詩歌を、暦との関わり、中国文学の影響などをふまえて読み解くことによって、平安朝文学を理解する上では欠かせない当時の季節感について考えます。

文学部言語文化学科
国語国文学コース
山本 真由子 准教授

【理2H】ブラックホールが見えた?
昨年、ブラックホールの撮像に成功したことが報告されました。太陽系が属する天の川銀河の隣の銀河M87の中心にある巨大ブラックホールが「見えた」とのことです。ブラックホールとは、そもそも何なのでしょう。何でも吸い込む天体?光すら出られない場所?光が出られないのにブラックホールは見えるのでしょうか。ブラックホールの不思議さについてお話しします。


理学部物理学科
石原 秀樹 教授

【理2I】「見る」をひもとく:光や色を感じるしくみ
ヒトをはじめとするさまざまな動物は、目を使ってまわりの様子を光の情報としてとらえています。“見る”とき、目の中では何が起こるのでしょうか?ヒトやいろいろな動物が、色を感じたり、奥行きを知る場合などを例に、光や色を感じるしくみを、光をキャッチするタンパク質に焦点をあてて説明します。また、なぜ錯覚が生じるのかについても考えてみましょう。


理学部生物学科
寺北 明久 教授

フリートーク/施設見学会 14:40~17:00 【事前申込不要】
●文学部学生とのフリートーク
現役大学生と楽しくお話しましょう!気になる学生生活も詳しくご紹介します。途中入退室は自由です。
協力:大阪市立大学文学部・文学研究科教育推進支援機構】
●学術情報総合センター(図書館)施設見学会
自由学習のためのPCルームや、オープンな学習スペース「ラーニングコモンズ」も備えた国内最大級の大学図書館です。※最終入館は16:30

※申し込みの際にお伺いした個人情報は事務連絡やイベントのご案内のみに使用します。利用目的以外には一切使用いたしません。


お問い合わせ先

大阪市立大学地域連携センター
TEL:06-6605-3504(平日9時~17時)
E-mail:kouza-shidai[at]ado.osaka-cu.ac.jp ※[at]を@に変えてください

主催

大阪市立大学

項目 詳細
会場

大阪市立大学杉本キャンパス 市大授業 各会場

定員・対象

高校生・保護者・本学に関心をお持ちの方

各コース150名(先着順)

参加費・受講料 なし

添付ファイル