公立大学法人大阪市立大学

博学連携シンポジウム「河内鋳物師の実像に迫る」 (大阪市立大学・大阪市博物館機構・大阪市文化財協会 包括連携協定企画)

応募期間を延長いたします。
※先着順にて受付、定員になり次第締め切ります。



 大阪市立大学・大阪市博物館機構・大阪市文化財協会は、2019年11月30日(土)に、博学連携シンポジウム「河内鋳物師の実像に迫る」を開催します。
 中世に、河内国丹南郡(現在の堺市美原区や東区日置荘)を拠点として活躍した鉄・銅の鋳造工人集団「河内鋳物師(かわちいもじ)」。彼らは、朝廷から供御人として特権を与えられ、特産物である河内鍋をはじめ、釜、鍬、鋤などの鋳鉄製品を生産販売し、さらには、各地に出向いて寺院の梵鐘鋳造(出吹き)を行っていたと言われています。
 本シンポジウムでは、これまでの鋳造工房の調査や製品についての研究に関する有識者の講演とディスカッションを行い、よく知られていない河内鋳物師の実像に迫ります。
 普段なかなか知り得ない新しい「気づき」に出合う機会となっています。ぜひご参加ください。

開催日時

2019年11月30日(土)10時~16時30分(受付9時30分~)

会場

 大阪市中央区大手前4-1-32
 (最寄駅)Osaka Metro谷町線・中央線「谷町四丁目駅」②号・⑨号出口
      大阪シティバス「馬場町」バス停前

定員 

250名(事前申込要・申込多数の場合は抽選)

参加費 

無料

プログラム 

午前の部(10:00~12:00)

 開会あいさつ

 【講演会】

  「河内鋳物師を考える」
   岸本 直文(大阪市立大学大学院文学研究科教授)

  「河内鋳物師全国展開の虚実」
   市村 高男(高知大学名誉教授)

  「丹南鋳物師遺跡の調査-大阪府の調査を中心に-」
   小浜 成(大阪府教育庁文化財保護課)

午後の部(13:00~16:30)

 【講演会】

  
「大阪市内の遺構・遺物からみた河内鋳物師とその系譜」
   小田木 富慈美(大阪市文化財協会)

  「中近世都市・堺の鋳物生産と金属精錬」
   嶋谷 和彦(堺市文化観光局文化財課)

  「河内の鋳鉄製鍋釜と青銅製梵鐘」
   五十川 伸矢(鋳造遺跡研究会)

 ディスカッション/閉会あいさつ(15:30~16:30)

応募期間 

10月15日(火)~11月8日(金)

参加申込方法

【Web申込み】
(1)メール受信設定の確認
ホームページからの申込にはメールアドレスが必要となります。
携帯メールのアドレスを使用する場合は、「osaka-cu.ac.jp」のドメインからのメールを受信できるように設定してください。

(2)申込ページへアクセス
(1)の設定後、下記URLから申込ページにアクセスしてお申込みください。
※申込受付後、受付確認メールを返信します。1週間経っても通知メールが届かない場合は、お手数ですが下記問合せ先へご連絡下さい。受付確認メールは受講を許可するものではありません。

【往復はがき】
①住所、②氏名(ふりがな)、③連絡先電話番号を記入し、返信面に返信先住所・宛名を記入のうえ、下記宛先までお申し込みください。<11/8(金)必着>
  
▶申込先
 〒558-8585 大阪市住吉区杉本3-3-138
 大阪市立大学 地域連携センター
 「河内鋳物師の実像に迫る」係

※申込多数の場合抽選となります。受講可否の結果は、応募期間終了後11月15日(金)までに通知いたします。
※お電話・FAX・メールでのお申し込みはお受けすることができません。
Web申込1回につき1名様、ハガキ1通につき1名様のみのお申し込みとなります。
※ご応募時に記入いただきました個人情報は、申込後の事務連絡、本学公開講座等のご案内に使用します。利用目的以外には一切使用いたしません。

問い合わせ

大阪市立大学地域連携センター
TEL:06-6605-3504  FAX:06-6605-3505

主催 

大阪市立大学・大阪市博物館機構・大阪市文化財協会


項目 詳細
会場

大阪歴史博物館 4階講堂

Osaka Metro「谷町四丁目」2号・9号出口 大阪市営バス「馬場町」バス停前

MAP

定員・対象

一般

250名(事前申込要・申込多数の場合は抽選)

参加費・受講料 無料

添付ファイル