公立大学法人大阪市立大学

文化交流センター公開講座

大阪市立大学文化交流センター

公開講座


大阪市立大学文化交流センターでは、2019年11月~12月に開催する公開講座の受講生を募集します。

本学の各専門分野の講師が研究を通じて得られた知識や見解について講演します。

各講座には難易度も設定しています。さまざまな講座を用意しておりますので、ぜひこの機会にご参加ください。

※12月21日(木)「浮世絵」を楽しむ―広重の名所絵から「浪花百景」へ― は、お申込者多数のため、受付終了しました。

                                 講座の難易度の目安)

                                     ★一般市民向け 入門講座等
                                    ★★一般市民向け 初級講座等
                                   ★★★一般市民向け 中級講座
                                  ★★★★専門家向け講座・研修 中級
                                 ★★★★★専門家向け講座・研修 上級
 
複数の講座の受講を希望される場合は、上記の「まとめて申込み」よりお申し込みください。
申込みは、受講者ごとに行なってください。一度申し込み1名のみのお申込みとなります。
(お申込みフォームの氏名欄やメッセージ欄に、複数の受講者のお名前や「他○名受講申込み」といった文言の入力はしないようお願いします。)
 
※講師の所属、役職は2019年7月のものです。

開催日時 タイトル 講師 申し込み

2019年11月07日(木)
18:30~20:00

加齢黄斑変性診療のすべて

加齢黄斑変性は50歳以上の日本人100人に1人以上起こる比較的身近な眼の病気ですが、最近はiPS細胞を初めて人体に移植した病気としても有名になりました。いったいどんな病気なのか?どんな症状が出るのか?どんな治療をするのか?など加齢黄斑変性に関する全てをお話します。

テーマの難易度★★

大阪市立大学大学院 医学研究科 教授

本田 茂

2019年11月21日(木)
18:30~20:00

「浮世絵」を楽しむ ―広重の名所絵から「浪花百景」へ―

江戸(東京)のもの、と思われがちな浮世絵ですが、実は上方(江戸時代の大坂)でも浮世絵版画は作られていました。本講座では、大坂の街を描いた浮世絵版画の魅力をご紹介します。

テーマの難易度★★★

大阪市立大学大学院 文学研究科 教授

菅原 真弓

2019年12月03日(火)
18:30~20:00

建築が物語る神戸・大阪・京都の個性

幕末以降、西洋建築の影響を受けて建てられた近代の建築には、その場所の物語が詰まっています。豊富な映像と共にその見方を紹介し、神戸・大阪・京都それぞれの都市の個性を、建築を通して解説します。

テーマの難易度★★

大阪市立大学大学院 工学研究科 准教授

倉方 俊輔

2019年12月05日(木)
18:30~20:00

「えきがく」入門

みなさんは、「えきがく」と聞いてどのようなことを思い浮かべますか?私が専門とする「えきがく」は漢字で「疫学」と書きます。疫学を少し具体的に説明すると、『人の集団を観察することで、健康問題の発生状況や関連する要因を明らかにし、予防や対策を立てるための学問』です。文章で書くと少し難しく感じるかもしれませんが、〇〇は認知症予防に効果的!や△△といった生活習慣を続けるとがんになるかもしれません!といったテレビや新聞、週刊誌でよく見かける内容は、疫学を用いた研究で明らかになったものが大半です。本講座では、身近にある健康に関するニュースをより一層理解していただけるよう、疫学の基本的な内容を解説いたします。

テーマの難易度★

大阪市立大学大学院 生活科学研究科 准教授

鵜川 重和

2019年12月11日(水)
18:30~20:00

「見る」能力―タンパク質で理解する目で光を感じるしくみ―

ヒトを始めとするさまざまなな動物は、目を使ってまわりの様子を光の情報としてとらえています。「見る」とき、目の中では何が起こるのか?いろいろな動物が、色を見分けたり奥行きを知る場合等を例に、光を感じるタンパク質に注目して解説します。

テーマの難易度★★

大阪市立大学大学院 理学研究科 教授

寺北 明久

2019年12月12日(木)
18:30~20:00

化学から見たエネルギー問題

エネルギー問題は21世紀の人類が直面している最も深刻な問題の一つです。本講座では、我々の研究室でこれまでに取り組んできた光エネルギーを利用して燃料を作り出すために用いられる触媒の研究の一端を紹介します。

テーマの難易度★★

大阪市立大学大学院 工学研究科 教授

山田 裕介

2019年12月17日(火)
18:30~20:00

部落問題の「語りにくさ」について

部落問題をめぐっては、しばしば、差別について教えるべきでないという反応が出てきます。部落差別が見えにくく、わかりにくいと思われがちなのはなぜでしょうか。日本とアジアの近現代史や人種主義(レイシズム)にかかわる議論を参照しながら、考えてみたいと思います。

テーマの難易度★★

大阪市立大学 人権問題研究センター  准教授

廣岡 浄進

12月17日(火)締切
項目 詳細
会場

大阪市立大学 文化交流センター ホール

(大阪駅前第2ビル 6階) ℡06-6344-5425

MAP

定員・対象

16歳以上の方  住所・勤務地に関係なく申し込めます。

各回120名、先着順

参加費・受講料 1回500円(大阪市立大学の学生は無料)