公立大学法人大阪市立大学

第169回市民医学講座『現代人と疲労』

現代人の3 割以上が半年以上続く慢性的な疲労を訴え、慢性的な疲労が認められる人々の半数
近くが以前に比べ作業能力が低下し十分に働けていないと感じています。一部の人では、休職、退職に追い込まれており、疲労は現代社会において大きな問題となっています。
疲労を克服することは我々にとって非常に重要な課題であり、当講座では、我々の最近の研究
結果を通して、医学的に、現代人の疲労を解説します。

開催日時 タイトル 講師 申し込み

2013年01月17日(木)
18:10~20:00

現代人と疲労

現代人の3 割以上が半年以上続く慢性的な疲労を訴え、慢性的な疲労が認められる人々の半数近くが以前に比べ作業能力が低下し十分に働けていないと感じています。一部の人では、休職、退職に追い込まれており、疲労は現代社会において大きな問題となっています。
疲労を克服することは我々にとって非常に重要な課題であり、当講座では、我々の最近の研究結果を通して、医学的に、現代人の疲労を解説します。

大阪市立大学大学院医学研究科 システム神経科学 講師

田中 雅彰

項目 詳細
会場

大阪市立大学医学部医学情報センター・ホール(あべのメディックス6階)

〒545-0051 大阪市阿倍野区旭町1-2-7 あべのメディックス6階

MAP

定員・対象

18歳以上の方

150 名(申し込み多数の場合抽選)

参加費・受講料 無料、資料代実費(500 円程度、希望者のみ)