公立大学法人大阪市立大学

平成31年度 高校生のための市大授業


 市大授業は、高校生や保護者の方をはじめ大阪市立大学に関心をお持ちの方々に、本学の講義  やキャンパスの雰囲気を体験してもらい、大学で学ぶことの楽しさを感じていただくことを目的として毎年開催しています。
 今回も文学部と理学部で、本学教員によるさまざな分野の模擬授業や、文学部学生とのフリートーク、日本有数の規模を誇る大学図書館を有する学術情報総合センターの施設見学会を実施いたします。ぜひこの機会にご参加ください。


★文学部HPはこちら
★理学部HPはこちら

開催日時・会場

平成31429日(月・祝)13:00~16:50(受付12:00~)
▶1時限目 13:00~14:10
▶2時限目 14:40~15:50
▶文学部学生とのフリートーク/学術情報総合センター施設見学会 14:10~16:50
※詳しいプログラムは下記にてご確認下さい。


対象・定員

高校生・保護者の方・本学に関心をお持ちの方
各コース150名(先着順)
※文学部学生とのフリートーク及び施設見学会は申込不要

参加費

無料

申込方法

下記方法よりお申込み下さい。申込完了後には受講通知書をお送りします。申込後1週間以上返信が無い場合は、問合せ先までご連絡下さい。
【申込事項】
①参加希望コース(各時限より1コースずつ選択可/例:文A,理H)
②氏名・ふりがな ③住所 ④連絡先電話番号 ⑤高校名 ⑥新学年

※osaka-cu.ac.jpドメインからの申込完了メールを受信できるよう設定して下さい。申込完了後、受講通知確認メールが届きます。

▶往復はがき・FAX申込 
 申込事項①~⑥を明記の上、申込先までお送りください。往復はがきの返信面には返信先住所をご記入下さい。

※申込の際にお伺いした個人情報は事務連絡やイベントのご案内のみに使用します。利用目的以外には一切使用いたしません。

申込締切

平成31年4月23日(火)

申込先・問合せ先

〒558-8585 大阪市住吉区杉本3-3-138
       大阪市立大学地域連携センタ―「市大授業」係
       TEL:06-6605-3504 / FAX:06-6605-3505

プログラム

各時限より1コースずつ選択できます。申込はこちら→市大授業申込
1時限目 13:00~14:10
文A「映画的身体」とは何か?―映画表現における身体の諸相
 軽やかなステップを踏んで踊る美しい男女、人並み外れた身体能力で危機を切り抜ける男性主人公、人間離れしたパワーとスピードで観客を圧倒するアメコミヒーロー、常軌を逸した身ぶりで私たちを笑わせるコメディ俳優。映画はこれまで数々の輝かしい身体を生み出すことで、観客を魅了してきました。本授業では、映画における身体の多様な現れを具体例とともに確認しながら、映画表現の独自性を考察します。



文学部
文化構想学科
表現文化コース 
海老根 剛 准教授
文B大学で学ぶ日本史とは?―合同調査の20年
高校と大学で学ぶ日本史は違う?本学日本史研究室と和泉市教育委員会では、「地域の歴史的総合調査」を目指し、毎年9月末の3日間、研究室メンバーが参加して、古文書調査・聞取り調査・水利調査・フィールドワークなどを行ってきました。そして後期授業で、この調査により発見された史料をテキストとして使っています。本授業では、この取組みをもとに、大学で学ぶ日本史とはどういうものか、その一端を紹介します。



文学部
哲学歴史学科
日本史コース
塚田 孝 教授
理C不等式の世界
数学では異なるもの同士を結びつける「関係式」が大きな役割を果たします。一番身近な関係式は2つの量を比較する等号や不等号でしょう。等号「A = B」はとても固いイメージで、取りつく島もないようですが、不等号は優柔不断で、「0 < 0.001」も正しければ「3 ≤5」も正しいのです。この授業では、代数学・幾何学・解析学における様々な不等式を紹介して、不等式研究の面白さの一端を紹介したいと思います。





理学部数学科
高橋 太 教授
理D科学の宝石:ダイヤモンド
世の中で一番高価な宝石はなんでしょうか?それは、やはりダイヤモンドです。キラキラ輝くあのダイヤモンドは、サイエンスにとっても「宝石」です。ダイヤモンドは炭素の共有結合のかたまりですが、その中にわずかに窒素やホウ素が入るだけで性質がガラッと変わって超高感度のセンサや超高性能のトランジスタにもなります。本授業では皆さんの知らないダイヤモンドの科学的利用価値についてご紹介します。





理学部化学科
藤原 正澄 講師
理Eなぜ日本の火山は爆発的に噴火するのか
世界の活火山の7%が日本にあるといわれています。ここ数年でも、新燃、御嶽、口永良部、草津白根など、日本列島で火山の爆発的な噴火が相次いでいます。一方で、火山島であるハワイのキラウェア山は、泉のように溶岩流を流し続ける”穏やかな噴火”を継続しています。このように、火山噴火の様式に多様性が生まれるのはなぜか。なぜ日本の火山は爆発的な噴火をするのか。そもそもなぜ日本には火山が多いのか。この授業では火山の噴火のメカニズムについて解説します。






理学部地球学科
柵山 徹也 准教授
2時限目 14:40~15:50
文F学びを促す学習環境のデザイン―教育方法学への誘い
私たちは生涯にわたり、学び続ける存在であると言われています。学校、地域、家庭、職場など、様々な場所で「学び」は展開されています。では、人が学び、成長するとはどのような営みなのでしょうか。また、それを促すためには、どのような工夫が求められるのでしょうか。みなさんにとって身近な「教室」や「授業」を切り口として、人が学ぶこと、そして、それを促す学習環境のデザインについて一緒に考えてみましょう。




文学部
行動学科教育学コース 
島田 希 准教授
文G英国ユートピア文学入門
皆さんは、ユートピア文学というと、理想の架空社会を想像すると思います。しかし、それは間違いです。ユートピア文学の最大の要件は、現実社会の批判、風刺です。本授業では、ユートピア文学の名前のもとになった『ユートピア』、童話でも有名な『ガリバー旅行記』、第二次世界大戦中に作られた『動物農場』、これらを取りあげながら、ユートピア文学の真相に迫りたいと思います。


文学部
言語文化学科英米言語文化コース
杉井 正史 教授
理H絶対零度への挑戦
物質を冷やすことによって、物質の持つ量子力学的状態の特徴を浮かび上がらせることができます。レーザー冷却により、原子気体を極低温(例えば絶対温度で0.0001度!)まで一気に冷やすことが可能になり、その結果、気体を用いて超伝導や超流動の研究ができるようになりました。光を当てているのになぜ冷えるのか、冷やした先にある現象はどんなものか、皆さんと一緒に見ていきましょう。




理学部物理学科
井上 慎 教授
理I生きものって何?―議論していいんです!
138億年前のビッグバン以来、宇宙は膨張しつつあります。ところが40億年前に地球で誕生した“生きもの”は、驚異的な速度と頻度で環境から物質やエネルギーや情報を取り込んでまとまったものを作りあげます。生きものとは一体、何でしょう?ひょっとすると、急速に蓄積しつつある現代生物学の情報の中に謎を解く鍵があるかもしれません。この授業では生きものを考える楽しさを、最先端の情報をもとにお話しします。





理学部生物学科
宮田 真人 教授
フリートーク/施設見学会 14:10~16:50
●文学部学生とのフリートーク(申込不要)
 大学生活をご紹介。楽しくお話ししましょう!
 1時限目終了後よりOPEN。途中入退室自由。
協力:大阪市立大学文学部・文学研究科教育促進支援機構
●学術情報総合セター(図書館)施設見学会
 自由学習のためのPCルームや、オープンな学習スペース「ラーニングコモンズ」も備えた
国内最大級の大学図書館です。



項目 詳細
会場

大阪市立大学杉本キャンパス 市大授業 各会場

定員・対象

高校生・保護者の方・本学に関心をお持ちの方

各コース 150名(先着順)

参加費・受講料 なし

添付ファイル