公立大学法人大阪市立大学

専門家講座3月

大阪市立大学文化交流センターは、専門家講座3月を開催します。
専門家講座は、一般市民の方及び本学学生等を対象に各分野で活躍されている本学の卒業生・教員等が講師となり、最新の活きた知識と情報を提供し、実践的な教育と大阪の文化向上に寄与するため昭和59年より実施しています。
3月の講座は、「文化・歴史」「マスコミ」「生活科学」の3コースを開講します。各コースともトピックスや身近な内容のコーステーマを設定し開催しますので、多数の方々のご参加をお待ちしています。

※この講座は各コース一括申し込みとなっています。

文化・歴史コース ≪大坂と大阪をたずねるⅩⅢ≫

34日(月)
18
302000

上方落語についての考察(2)

1 落語が衰退しない理由

2 「上方落語名題図絵百選」の研究

3 「池田の猪買い」の公演

講座の難易度 ★★

 NPO法人 宝豊連 理事長 庄野 達也

311日(月)
18
302000

大阪の建物を観ると大阪がもっと好きになる(3) ‐「大阪」というしかけ‐

大阪の名建築物は大阪の誇りを表しています。それは大阪の基礎を作った先人たちの努力の結果でもあります。ではその先人たちを育てあげたのはいったい誰だったのでしょうか?
 グローバル化の流れの中、混沌とする日本、そして大阪。先人たちの足跡をたどり、現在と未来の大阪を考えます。

講座の難易度 ★★

ffice CANAAN(オフィス カナン) 代表 山田 奈津

マスコミコース ≪時代を映す広告≫

37日(木)
18
302000

テレビCM60

今夏、“還暦”を迎えるテレビCM。高度経済成長から今日に至る私たちの生活は、そこにどのように写し出されてきたのか。60年間を振り返り、今後への展望を開きます。

講座の難易度 ★★

近畿大学経営学部 教授 妹尾 俊之

314日(木)
18
302000

公共広告が社会に果たす役割と期待

広告の目的は、商品の告知や販売促進だけとは限りません。社会性の高い広告は、「公共広告」と言いますが、その代表的な存在であるACジャパンの活動と意義を中心に紹介します。

講座の難易度 ★★

公益社団法人ACジャパン 大阪運営委員長 山崎 方義

生活科学コース ≪家族という視点から考える高齢期の暮らし≫

高齢期の生活をいかに豊かなものにするか。そもそも「豊かさ」とは何なのか。本コースでは、家族という視点から、高齢期の暮らしについて考えていきたいと思います。

31日(金)
18
302000

超高齢社会の介護家族

単身高齢者世帯が増加し、介護問題は誰にも起こる問題となりました。男性介護者の数も年々増えています。今回は在宅介護をイメージし、家族の役割について考えていきます。

講座の難易度 ★★

大阪市立大学大学院 文学研究科 都市文化研究センター 研究員 広瀬 美千代

38日(金)
18
302000

地域での孤立・孤独死をなくすために―地域住民にできること―

誰にも看取られることなく亡くなっていく孤立死・孤独死が増えている。そのような状況をなくすために地域・地域住民は何ができるのか?一緒に考えていきたいと思います。

講座の難易度 ★★

大阪保健医療大学 保健医療学部 リハビリテーション学科 講師 橋本 卓也

 講座の難易度の目安

一般市民向け 入門講座等

★★

一般市民向け 初級講座等

★★★

一般市民向け 中級講座

★★★★

専門家向け講座・研修 中級

★★★★★

専門家向け講座・研修 上級

 


項目 詳細
会場

大阪市立大学 文化交流センター ホール

(大阪駅前第2ビル 6階) ℡06-6344-5425

MAP

定員・対象

16歳以上の方 住所・勤務地に関係なく申し込めます。

各コース120名、先着順

参加費・受講料 1回500円(大阪市立大学の学生は無料)

添付ファイル