公立大学法人大阪市立大学

文化交流センター7・8月夏期講座「学問の先達は語る」

大阪市立大学文化交流センター
7・8月講座
「学問の先達は語る」

大阪市立大学文化交流センターでは、平成30年7~8月に開催する公開講座の受講者を募集します。

今回募集する公開講座は「学問の先達は語る」がテーマになっています。

本学で長年、研究と指導にあたってきた教授等が、取り組んでいる研究内容について分かりやすく講演します。

各講座には難易度も設定しています。さまざまな講座を用意しておりますので、ぜひこの機会にご参加ください。

   

                             (講座の難易度の目安)

                                    ★一般市民向け 入門講座等
                                   ★★一般市民向け 初級講座等
                                          ★★★一般市民向け 中級講座
                                 ★★★★専門家向け講座・研修 中級
                                                                                              ★★★★★専門家向け講座・研修 上級
 
複数の講座の受講を希望される場合は、上記の「まとめて申込み」よりお申し込みください。
申込みは、受講者ごとに行なってください。一度申し込み1名のみのお申込みとなります。(お申込みフォームの氏名欄やメッセージ欄に、複数の受講者のお名前や「他○名受講申込み」といった文言の入力しないようお願いします。)
 
※講師の所属、役職は平成30年3月のものです。
 

開催日時 タイトル 講師 申し込み

2018年07月05日(木)
18:30~20:00

ストレス社会と組織・集団適応-適応過程におけるこころのはたらきに注目して-

現代社会では、ストレスおよび「誰もがメンタルヘルスを病む」という考えが推奨されています。現代社会において、「生き残る」とはどういうことか、いい按配に「生き残る」には何が必要なのか?そして、それによって失われるものは何か?「こころ」のはたらきの成り立ちを参照しながら考えます。

講座の難易度★★★

大阪市立大学大学院 創造都市研究科 教授

弘田 洋二

07月05日(木)締切

2018年07月10日(火)
18:30~20:00

「働き方改革」を考える-働き手・働き方多様化の視点から-

少子高齢化の進行のなか、社会の働き手を女性、シニアをはじめ多様な人々へ求める傾向が基調となりつつあります。その背景となる社会経済構造を、日本経済のこれまでの発展経過を踏まえて、特に就業構造の変化として考えます。

講座の難易度★★

大阪市立大学大学院 生活科学研究科 准教授

服部 良子

07月10日(火)締切

2018年07月17日(火)
18:30~20:00

プログラミングのすすめ

2020年から小中高校のすべてでプログラミングが必修化されます。プログラミング必修化の経緯、および、プログラミングを初めて学ぶ人のための学習用ソフトウェアを紹介しながら、初歩のプログラミングを学びます。

講座の難易度★

大阪市立大学大学院 創造都市研究科 教授

松浦 敏雄

07月17日(火)締切

2018年07月25日(水)
18:30~20:00

人と植物の関係について考える

生態学的にみると人は植物なしでは生きていけない存在です。それだけではなく、人は植物を様々な用途の資源として利用してきました。植物は文化の素材でもあります。本講座では人と植物の密接な関係について考察します。

講座の難易度★★

大阪市立大学大学院 理学研究科 教授

飯野 盛利

07月25日(水)締切

2018年07月26日(木)
18:30~20:00

大阪の都市居住-明治以降の都市居住の近代化-

大阪の町は居住という点で他地域とくらべて先進的な特徴があります。明治時代以降は経済的に発展するとともに、都市としても発展し、今日の基礎を形成しました。住宅と地域形成について、江戸から昭和初期までの大阪とその周辺地域の変化のようすを解説します。

講座の難易度★★

大阪市立大学大学院 生活科学研究科 教授

多治見 左近

07月26日(木)締切

2018年08月03日(金)
18:30~20:00

大阪長屋保全の創造的まちづくり

大阪には戦前の立派な長屋が残っていますが、近年、保全・活用してお洒落で豊かに暮らしている例が増えています。大阪長屋とその暮らしの魅力、さらにこれらを広げていくイベントであるオープンナガヤ大阪について語ります。

講座の難易度★

大阪市立大学大学院 生活科学研究科 教授

藤田 忍

08月03日(金)締切

2018年08月08日(水)
18:30~20:00

生活と色とのかかわり-科学的な目で見た色とは-

我々の身の回りはいろいろな色で満ち溢れています。しかし色とは何でしょうか。なぜ空は青く、夕方になると赤く染まるのでしょうか。光の3原色はなぜ赤、緑、青なのでしょうか。色を科学的な視点から分かりやすく解説して、自然の仕組みに迫ります。

講座の難易度★★~★★★

大阪市立大学大学院 理学研究科 教授

中沢 浩

08月08日(水)締切

2018年08月20日(月)
18:30~20:00

茶がらから建築仕上げ材を作る

飲料用のお茶を製造する際、大量の茶がらが廃棄物(副産物)として排出されます。この茶がらにはまだ有効な成分が残っています。そこで桧の間伐材と混合することにより建築仕上げ材として利用しようとしています。今回はこのようなボードの試作と各種実験について解説します。

講座の難易度★~★★

大阪市立大学大学院 工学研究科  講師

木内 龍彦

08月20日(月)締切

2018年08月23日(木)
18:30~20:00

ミュージカルへの誘い-多彩な世界のミュージカル-

いま世界の国々では、それぞれの国の文化的土壌から生まれた個性的なミュージカルが数多く創り出されています。日本でもウイーン発のミュージカルやフレンチミュージカルが次々に上演され、広い層の観客に親しまれています。映像を交えて世界のミュージカルについてお話しします。

講座の難易度★

大阪市立大学大学院 文学研究科 教授

三上 雅子

08月23日(木)締切
項目 詳細
会場

大阪市立大学 文化交流センター ホール

(大阪駅前第2ビル 6階) ℡06-6344-5425

MAP

定員・対象

16歳以上の方 住所・勤務地に関係なく申し込めます。

各回120名、先着順

参加費・受講料 1回500円(大阪市立大学の学生は無料)