公立大学法人大阪市立大学

専門家講座(生活科学コース《まち歩きが楽しくなる大阪の建築と景観》)

かつて「文化不毛の地」と言われた大阪ですが、都心や周辺には江戸時代以降の建築や景観などが残されています。大阪の豊かな歴史と文化を求めてまち歩きをしてみませんか。

                                       (講座の難易度の目安)
                                       ★一般市民向け 入門講座等
                                      ★★一般市民向け 初級講座等
                                     ★★★一般市民向け 中級講座
                                    ★★★★専門家向け講座・研修 中級
                                   ★★★★★専門家向け講座・研修 上級

複数の講座の受講を希望される場合は、上記の「まとめて申込み」よりお申し込みください。
申込みは、受講者ごとに行なってください。一度申し込み1名のみのお申込みとなります。(お申込みフォームの氏名欄やメッセージ欄に、複数の受講者のお名前や「他○名受講申込み」といった文言の入力はしないで下さい。

開催日時 タイトル 講師 申し込み

2018年03月02日(金)
18:30~20:00

大阪都心の社寺めぐり

先の大戦により、大阪では貴重な遺産が失われましたが、よく見ると歴史が継承されています。一方、戦後に復興された社寺の景観は江戸時代の『摂津名所図会』に似ています。建築や景観から大阪の魅力を探りましょう。

講座の難易度★

 

大阪教育大学
非常勤講師
植松 清志
03月02日(金)締切

2018年03月09日(金)
18:30~20:00

新田開発と会所の建築

江戸時代の大坂では、湾岸部や内陸部(大和川の付け替え以後)で活発な新田開発が行われました。新田開発の管理などを行うのが新田会所です。大阪に残る会所の建築を比較し、その違いなどから開発の様相を探ります。

講座の難易度 ★
大阪教育大学
非常勤講師
植松 清志
03月09日(金)締切
項目 詳細
会場

大阪市立大学 文化交流センター ホール

(大阪駅前第2ビル 6階) ℡06-6344-5425

MAP

定員・対象

16歳以上の方 住所・勤務地に関係なく申し込めます。

各回120名、先着順

参加費・受講料 1回500円(大阪市立大学の学生は無料)