公立大学法人大阪市立大学

防災講座「都市災害への備え ~自助・共助のすすめ」

都市は、ひとたび想定を超えた地震、洪水、火災などの災害が起こると、多くの死傷者や損害が発生します。自分自身で身を守る準備をすること、地域で助け合うことが大切です。災害や防災の情報、地域のつながり、災害時のセルフケアなど、自助・共助について考えます。
                                 (講座の難易度の目安)
                                     ★一般市民向け 入門講座等
                                    ★★一般市民向け 初級講座等
                                   ★★★一般市民向け 中級講座
                                  ★★★★専門家向け講座・研修 中級
                                 ★★★★★専門家向け講座・研修 上級
 
複数の講座の受講を希望される場合は、上記の「まとめて申込み」よりお申し込みください。
申込みは、受講者ごとに行なってください。一度申し込み1名のみのお申込みとなります。(お申込みフォームの氏名欄やメッセージ欄に、複数の受講者のお名前や「他○名受講申込み」といった文言の入力はしないで下さい。

開催日時 タイトル 講師 申し込み

2017年09月01日(金)
18:30~20:00

災害から学び、実行する

近年、想定をしない大きな災害が度々起こっています。災害から学び、実行するための具体的な防災行動について考えます。ご自身の体力、家族との連絡、近隣とのつながり、家の中の対策、街の点検など日頃からなすべきことは多くあります。

講座の難易度 ★

大阪市立大学 都市防災教育研究センター 所長

森 一彦

2017年09月08日(金)
18:30~20:00

災害時の健康管理:むくみとエコノミークラス症候群

災害避難後のエコノミークラス症候群が注目されたのは、2004年の新潟県中越地震でした。しかしながら、予防行動につながらず、2016年の熊本地震においても発症が報告されています。災害避難と、むくみやエコノミークラス症候群の関係をわかりやすく解説し、予防法を紹介します。

講座の難易度 ★
大阪市立大学大学院 看護学研究科 教授 作田 裕美

大阪市立大学大学院 看護学研究科 講師 村川 由加理

2017年09月15日(金)
18:30~20:00

市民劇団活動による防災・減災へのこころみ ―地域防災劇団スミヨシ・アクト・カンパニーの取組―

防災劇ときけば、ふつうは、防災をテーマとしたお芝居 ―震災にあったひとびとが、いかにしてサバイバルするか― が思い浮かぶでしょう。でも、SACのお芝居はちがいます。それは、ひとびとをつなぐツールなのです。

講座の難易度 ★

大阪市立大学大学院 文学研究科 教授

福島 祥行

2017年09月29日(金)
18:30~20:00

東日本大震災・熊本地震災害に学び大阪の地震災害に備える

大阪は、難波津の時代から近代に至るまで水運を活用しその恩恵を受け発展してきました。そこには恵まれた立地条件と難波堀江開削以降、大和川、淀川などの自然を絶え間なく改変してきた歴史がありました。東日本大震災、熊本地震、今まさに地震の活動期です。確実にやってくる南海トラフ地震・上町断層地震を前に、都市地質工学の視点から、大災害時代を生き抜く視点について解説します。

講座の難易度 ★★★

大阪市立大学大学院 理学研究科 准教授

原口 強

09月29日(金)締切
項目 詳細
会場

大阪市立大学 文化交流センター ホール

(大阪駅前第2ビル 6階) ℡06-6344-5425

MAP

定員・対象

16歳以上の方 住所・勤務地に関係なく申し込めます。

各回120名、先着順

参加費・受講料 1回500円(大阪市立大学の学生は無料)