公立大学法人大阪市立大学

文化交流センター7・8月夏期講座「学問の先達は語る」

大阪市立大学文化交流センター
7・8月講座
「学問の先達は語る」

大阪市立大学文化交流センターでは、平成29年7~8月に開催する公開講座の受講者を募集します。

今回募集する公開講座は「学問の先達は語る」がテーマになっています。

本学で長年、研究と指導にあたってきた教授等が、取り組んでいる研究内容について分かりやすく講演します。

各講座には難易度も設定しています。さまざまな講座を用意しておりますので、ぜひこの機会にご参加ください。

   

                             (講座の難易度の目安)

                                    ★一般市民向け 入門講座等
                                   ★★一般市民向け 初級講座等
                                          ★★★一般市民向け 中級講座
                                 ★★★★専門家向け講座・研修 中級
                                                                                              ★★★★★専門家向け講座・研修 上級
 
複数の講座の受講を希望される場合は、上記の「まとめて申込み」よりお申し込みください。
申込みは、受講者ごとに行なってください。一度申し込み1名のみのお申込みとなります。(お申込みフォームの氏名欄やメッセージ欄に、複数の受講者のお名前や「他○名受講申込み」といった文言の入力しないようお願いします。)
 
※講師の所属、役職は平成29年3月のものです。
 

開催日時 タイトル 講師 申し込み

2017年07月04日(火)
18:30~20:00

フランス文学の魅力

フランス文学の歴史を概観したあと、その魅力を、モラリストの系譜の始祖であるモンテーニュ、物理学者・数学者でもある思想家パスカル、空前絶後の作家プルースト、モラリストであることを越えたモラリストであるジイドのうちに探ります。

講座の難易度 ★★

大阪市立大学大学院 文学研究科 教授

津川 廣行

2017年07月10日(月)
18:30~20:00

アジアとの協働はいかにして可能なのか?

グローバル化の進展によって、国や民族間のつながりよりも格差や亀裂が目立つ現代。未来社会の構築に向かってともに手を携えて歩む方法を、災害を契機とした東南アジアとの交流を通して考えます。

講座の難易度 ★

大阪市立大学大学院 文学研究科 教授

中川 眞

2017年07月13日(木)
18:30~20:00

お産と子育て―周産期医療の発展からみて―

周産期医療センターという名称の母子医療の専門施設が、ここ30年余りの間に、日本のあちこちで開設されました。この先端医療技術の救命によって、最古の昔から続いて来たお産や子育ては、果して変わったのか、変わらないのか、産婆から助産師に代わって看方、教育の現状はどうなったか、興味深いところを繙きます。

講座の難易度 ★~★★

大阪市立大学大学院 看護学研究科 教授

小山田 浩子

2017年07月19日(水)
18:30~20:00

骨と話そう

縄文時代から近世までの人類遺跡からは土器や骨角器などとともに、人骨や動物骨が出土します。人骨の形態は時代や地域、生活環境などで変化し、動物骨は人々の生活や古環境を反映しています。骨が語る言葉に耳を傾けてみませんか?

講座の難易度 ★★

大阪市立大学大学院 医学研究科 助教

安部 みき子

2017年07月21日(金)
18:30~20:00

DNAが切れれば

私たちの体をつくる細胞の中には核があり、DNAという遺伝情報を持つ物質があります。これらは、長い線状の状態で存在しますが、放射線などで切断されます。しかし、私たちの体の中には、それを修復するシステムがあります。このことが、宇宙放射線からゲノム編集まで、生物のさまざまな問題と深く関係します。

講座の難易度 ★★

大阪市立大学大学院 医学研究科 教授

森田 隆

2017年07月26日(水)
18:30~20:00

化学の楽しみー一例として分子から磁性体を創るー

化学を専門としない一般の方々には、元素記号や構造式はなじみの薄いものかもしれません。しかし、これらをいったんマスターすると、それらを用いて、次から次へと未知の物質の世界を探索することができます。ここでは有機化合物を用いて、一見、有機化合物に関係のない磁性を発現する試みについてできる限りわかり易く説明します。

講座の難易度 ★★~★★★

大阪市立大学大学院 理学研究科 教授

岡田 惠次

2017年08月04日(金)
18:30~20:00

画像診断の最前線

近年、我が国においてがん患者数は増加の一途を辿っています。がんの診断に関して、最近の医療機器の進歩は著しく、従来診断困難であったがんも診断できるようになってきました。これら画像診断の最新情報と将来展望について解説します。
講座の難易度 ★★

大阪市立大学大学院 医学研究科 教授

塩見 進

2017年08月08日(火)
18:30~20:00

健やかで豊かな少子高齢社会に向けて-日常茶飯事を大切に-

わが国が世界屈指の長寿国となる要因の筆頭として、食生活が挙げられます。旬・生・発酵・旨み・一汁三菜(栄養バランスと美味)などの評価から、和食が世界無形文化遺産に認証されました。さて、私たちは次世代に伝承していくことができるでしょうか…?! 日々の食生活を振り返りつつ、健康長寿日本を維持していきたいものです。

講座の難易度 ★★~★★★

大阪市立大学大学院 生活科学研究科 教授

春木 敏

2017年08月18日(金)
18:30~20:00

都市と交通の関わりを振り返る -わかると納得 交通のあれこれ-

我が国では、戦後の経済復興の過程で都市への人口集中と自動車社会化が進み、多くの人がその利便性を享受しましたが、一方では交通事故、渋滞、環境悪化、倫理観の悪化などの弊害も生みました。そこで、都市と交通の関わりを振り返り、現在の課題を理解することで、将来の社会を展望してみましょう。

講座の難易度 ★★~★★★

大阪市立大学大学院 工学研究科 教授

日野 泰雄

2017年08月23日(水)
18:30~20:00

地球史からみた現在の地球温暖化

現在、人為的な排出により大気中の二酸化炭素濃度が上昇し、その温室効果が引き起こす地球温暖化が大きな問題となっています。いっぽう、地球の表層環境は地球誕生以来、自然要因により大きく変動してきており、過去数億年でみても地球は温暖化、寒冷化を様々なオーダーで繰り返してきました。このような地球史的観点から、現在の地球温暖化を考えてみます。

講座の難易度 ★~★★★

大阪市立大学大学院 理学研究科 教授

前嶋 渉

項目 詳細
会場

大阪市立大学 文化交流センター ホール

(大阪駅前第2ビル 6階) ℡06-6344-5425

MAP

定員・対象

16歳以上の方 住所・勤務地に関係なく申し込めます。

各回120名、先着順

参加費・受講料 1回500円(大阪市立大学の学生は無料)