公立大学法人大阪市立大学

専門家講座(文化・歴史コース《大阪の文化と歴史を訪ねる》)

専門家講座では、各分野で活躍されている本学の卒業生・教員等各分野の専門家が最新の生きた知識と情報を提供し、実践的な教育と大阪の文化向上に寄与します。

                                       (講座の難易度の目安)
                                       ★一般市民向け 入門講座等
                                      ★★一般市民向け 初級講座等
                                     ★★★一般市民向け 中級講座
                                    ★★★★専門家向け講座・研修 中級
                                   ★★★★★専門家向け講座・研修 上級

複数の講座の受講を希望される場合は、上記の「まとめて申込み」よりお申し込みください。
申込みは、受講者ごとに行なってください。一度申し込み1名のみのお申込みとなります。(お申込みフォームの氏名欄やメッセージ欄に、複数の受講者のお名前や「他○名受講申込み」といった文言の入力はしないで下さい。

開催日時 タイトル 講師 申し込み

2017年03月06日(月)
18:30~20:00

孫文とともに日中親善に生涯を捧げた殷汝耕(いんじょこう)について

孫文の日本における名通訳として、辛亥革命に参加した殷汝耕は、のちに冀東政権の政務長官となり、当時の大東亜共栄圏成立の試みに呼応しました。日本の敗戦により、蒋介石率いる藍衣社に捕縛され、南京雨花台で、昭和20年12月1日、漢奸と処断され銃殺されました。今回は、初の試みとして萩の寺で、仏教徒の篤信者として、又親日家として、彼が残した各種資料により、その実像に迫ります。

講座の難易度★★★

宗教法人 東光院萩の寺
代表役員 住職
村山 廣甫

2017年03月13日(月)
18:30~20:00

古代都市難波(なにわ)の考古学  ~難波宮(なにわのみや)と大化改新~

中央区法円坂で発見された二時期の難波宮のうち、前期難波宮は飛鳥時代の645年に始まる大化改新で都が難波へ遷された際に造営されました。激動する東アジアの中で、前期難波宮は日本の宮室プランの原点となる画期的な宮殿でした。難波宮についてお話しします。

講座の難易度★★★

大阪市博物館協会
大阪文化財研究所
事業企画課普及係長
学芸員
積山 洋
項目 詳細
会場

大阪市立大学 文化交流センター ホール

(大阪駅前第2ビル 6階) ℡06-6344-5425

MAP

定員・対象

16歳以上の方 住所・勤務地に関係なく申し込めます。

各回120名、先着順

参加費・受講料 1回500円(大阪市立大学の学生は無料)