公立大学法人大阪市立大学

専門家講座(生活科学コース《日本の家族はどこにいくのか?》)

専門家講座では、各分野で活躍されている本学の卒業生・教員等各分野の専門家が最新の生きた知識と情報を提供し、実践的な教育と大阪の文化向上に寄与します。

                                       (講座の難易度の目安)
                                       ★一般市民向け 入門講座等
                                      ★★一般市民向け 初級講座等
                                     ★★★一般市民向け 中級講座
                                    ★★★★専門家向け講座・研修 中級
                                   ★★★★★専門家向け講座・研修 上級

複数の講座の受講を希望される場合は、上記の「まとめて申込み」よりお申し込みください。
申込みは、受講者ごとに行なってください。一度申し込み1名のみのお申込みとなります。(お申込みフォームの氏名欄やメッセージ欄に、複数の受講者のお名前や「他○名受講申込み」といった文言の入力はしないで下さい。

開催日時 タイトル 講師 申し込み

2017年03月03日(金)
18:30~20:00

「あたりまえの家族」を問い直す

現代社会では様々な人が自分の経験などをもとに家族について語っていますが、そこには、こういう家族が「あたりまえの家族」であるという先入観がしばしば見られます。この講座では、これまでの日本家族の変化をたどってみることで、このありがちな家族についての先入観を批判的に検討してみたいと思います。

講座の難易度★~★★

 

大阪市立大学大学院
生活科学研究科
准教授
松木 洋人

2017年03月10日(金)
18:30~20:00

子どもを産み育てやすい日本社会をつくれるか?

日本は子どもを産み育てにくい社会だということがしばしば指摘されるようになりました。このことは日本家族が直面している最も重要な問題の1つである少子化の原因にもなっています。それでは、日本社会が子どもを産み育てやすい社会に変わるためには、どうすればよいのでしょうか。この講座では、この点についてみなさんとご一緒に考えてみたいと思います。

講座の難易度 ★~★★
大阪市立大学大学院
生活科学研究科
准教授
松木 洋人
項目 詳細
会場

大阪市立大学 文化交流センター ホール

(大阪駅前第2ビル 6階) ℡06-6344-5425

MAP

定員・対象

16歳以上の方 住所・勤務地に関係なく申し込めます。

各回120名、先着順

参加費・受講料 1回500円(大阪市立大学の学生は無料)