公立大学法人大阪市立大学

第15回MedCity21医学講座 骨の健康、骨と健康 – 人は骨と共に成長し骨と共に老いる。

 

 「骨に刻む、骨身に沁みる、骨を埋める。」骨を使った言葉は色々ありますが、どれも骨が大事なものであることを表しております。骨は年を取ると中身が少なくなり、鬆(す)が入った状態になります。これが骨粗鬆症です。骨粗鬆症になると、体を支える力が弱って骨折しやすくなります。さらに、骨にはカルシウムの貯蔵や、ホルモンのような物質の製造などの体を支える以外の重要な役割があることが分かってきました。この講演では大事な骨を健康に保つために必要なことを考えていきたいと思います。



開催日時 タイトル 講師 申し込み

2016年12月22日(木)
19:00~20:30

第15回MedCity21医学講座 骨の健康、骨と健康 – 人は骨と共に成長し骨と共に老いる。


「骨に刻む、骨身に沁みる、骨を埋める。」骨を使った言葉は色々ありますが、どれも骨が大事なものであることを表しております。骨は年を取ると中身が少なくなり、鬆(す)が入った状態になります。これが骨粗鬆症です。骨粗鬆症になると、体を支える力が弱って骨折しやすくなります。さらに、骨にはカルシウムの貯蔵や、ホルモンのような物質の製造などの体を支える以外の重要な役割があることが分かってきました。この講演では大事な骨を健康に保つために必要なことを考えていきたいと思います。



大阪市立弘済院附属病院  内科部長

中 弘志 

項目 詳細
会場

あべのハルカス25階会議室(大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43)

近鉄「大阪阿倍野橋駅」、JR・地下鉄「天王寺駅」、阪堺上町線「天王寺駅前駅」下車すぐ。

定員・対象

18歳以上の方

100名(先着順)

参加費・受講料 無料

添付ファイル