公立大学法人大阪市立大学

文化交流センター9月~12月講座「温故知新」

大阪市立大学文化交流センター

9月~12月公開講座「温故知新」


大阪市立大学文化交流センターでは、平成28年9月~12月に開催する公開講座の受講生を募集します。

今回募集する公開講座は「温故知新」がテーマになっています。

本学の各専門分野の講師が過去の事柄の研究を通じて得られた新たな知識や見解について講演します。

各講座には難易度も設定しています。さまざまな講座を用意しておりますので、ぜひこの機会にご参加ください。

 

                                 講座の難易度の目安)

                                     ★一般市民向け 入門講座等
                                    ★★一般市民向け 初級講座等
                                   ★★★一般市民向け 中級講座
                                  ★★★★専門家向け講座・研修 中級
                                 ★★★★★専門家向け講座・研修 上級
 
複数の講座の受講を希望される場合は、上記の「まとめて申込み」よりお申し込みください。
申込みは、受講者ごとに行なってください。一度申し込み1名のみのお申込みとなります。(お申込みフォームの氏名欄やメッセージ欄に、複数の受講者のお名前や「他○名受講申込み」といった文言の入力はしないようお願いします。)
 
※講師の所属、役職は平成28年7月のものです。

開催日時 タイトル 講師 申し込み

2016年09月21日(水)
18:30~20:00

パーソナルゲノム時代のリテラシー

近年、個人の遺伝情報が10万円を切る金額で検査できるようになり、「パーソナルゲノム時代」がすぐ目前に迫っています。太古の昔から受け継がれてきた遺伝子、そしてこれから未来に受け継がれていく遺伝子。遺伝の不思議について、一緒に考えてみませんか。

講座の難易度 ★~★★★

大阪市立大学大学院 看護学研究科 准教授

林 知里

2016年10月20日(木)
18:30~20:00

子どもの貧困 ― 日本型福祉システム再考

近年、子どもの貧困問題がメディアで取り上げられる機会が増えています。国や地方自治体でもこの問題に取り組んでいますが、依然として多くの課題を抱えています。本講義では、他国での経験を踏まえ、これからの日本における子どもの貧困対策の課題と展望について考えてみたいと思います。

講座の難易度 ★★

大阪市立大学大学院 生活科学研究科 教授

所 道彦

2016年11月10日(木)
18:30~20:00

与謝野晶子とその時代

20世紀はじめは、社会の<進歩>を志向する優生‐優境主義の時代でした。よりよい<生>、よりよい<人口>への希求から女性・児童・優生に社会的関心の集まった時代を生き抜いた与謝野晶子(よさの・あきこ;1878-1942)の短歌や評論を紹介します。

講座の難易度 ★★

大阪市立大学大学院 経済学研究科 准教授

杉田 菜穂

2016年11月11日(金)
18:30~20:00

光でモノを動かせるって、本当?!  未来は「光」が大活躍!

その昔見た、アメリカのSF映画では光のビームで遠くのものを吸い寄せたり、操ったりするシーンがありました。子供のころ見たウルトラマンは、光のビームで怪獣をやっつけます。光のビームで、そんな夢みたいなことが出来たら・・・・?? 21世紀の今、まさにその夢が現実になろうとしています。光のミラクルな力を優しく解説します。

講座の難易度 ★★~★★★

大阪市立大学大学院 理学研究科 教授

坪井 泰之

2016年11月17日(木)
18:30~20:00

大阪市立大学初代学長 恒藤 恭(つねとう・きょう)の平和思想

第二次世界大戦後に大阪市立大学の初代学長となった恒藤恭は、法学者として時代を冷静に見つめ新憲法や安全保障について積極的に発言を行っていました。その姿勢を学び直し、私たちの生き方を見つめ直したいと思います。

講座の難易度 ★★★

大阪市立大学大学院 法学研究科 教授

桐山 孝信

2016年11月21日(月)
18:30~20:00

こころとの対話 -カウンセリングで出会うこころのいにしえ・現在・みらい-

精神医学や臨床心理学の分野では、新しい療法が次々と生み出されています。しかし、生きていく上での様々な悩みや苦しみと向き合い、人という「固有の歴史を担った存在」との変わらないカウンセリングプロセスについて改めて考えていきたいと思います。

講座の難易度 ★★★

大阪市立大学大学院 生活科学研究科 教授

三船 直子

2016年11月22日(火)
18:30~20:00

人工光合成の歴史とこれからの発展

近年、太陽エネルギーを利用して石油・石炭・原子力エネルギーの代替えとなるクリーンエネルギーを獲得する方法の一つとして、天然の光合成を真似た「人工光合成」技術がクローズアップされています。「人工光合成」研究の歴史は1970年代から現在に至るまで継続的に続けられてきています。人工光合成の歴史を紹介し、今後「人工光合成」で何ができるかを解説いたします。

講座の難易度 ★★★

大阪市立大学 人工光合成研究センター 所長

天尾 豊

2016年11月24日(木)
18:30~20:00

古典芸能における伝統の力 ―人形浄瑠璃の復活上演をめぐって―

古典芸能の芸は「稽古」によって習得されます。「稽古」とは「古(いにしえ)」の事柄について「稽(かんが)える」こと、すなわち先人の知恵の蓄積から学ぶことです。人形浄瑠璃の復活上演に関わった経験から、その復活作業の過程で新たに発見した伝統(先人の知恵)のすばらしさについてお話ししたいと思います。

講座の難易度 ★★

大阪市立大学大学院 文学研究科 准教授

久堀 裕朗

2016年11月28日(月)
18:30~20:00

模倣から創造へ: ニューヨークファッションの大変身

ニューヨークファッションは世界に大きな影響を与えていますが、歴史を振り返れば長い間パリファッションの模倣一辺倒でした。パリ模倣からニューヨークのオリジナリティ創造への大転換はなぜ可能になったかについて考えてみましょう。

講座の難易度 ★

大阪市立大学大学院 経営学研究科 教授

富澤 修身

2016年11月30日(水)
18:30~20:00

インド経済の今昔:変わることと変わらないことの狭間で

昨今注目著しいインド経済ですが、その実態となると、茫漠とした印象を持たれる方が多いように思います。本講は、急成長を遂げるIT産業・解消されない貧困など、多様な様相を呈するインド経済の実態を、歴史を通じ理解することを目的とします。

講座の難易度 ★★★

大阪市立大学大学院 文学研究科 准教授

野村 親義

2016年12月08日(木)
18:30~20:00

人間の目と機械の目 -錯覚など人の目の特性を活用した画像処理を目指して-

コンピュータが人間と同様に外界に関する情報を自在に獲得・処理することができれば、コンピュータの能力は飛躍的に向上し,応用範囲が拡大します。本講座では錯覚など人の目の特性に学んで画像処理を高度化しようとする研究について紹介します。

講座の難易度 ★★★

大阪市立大学大学院 工学研究科 教授

鳥生 隆

2016年12月13日(火)
18:30~20:00

更年期以降の女性の健康を考える -平均寿命90歳時代を迎えて-

女性の平均寿命は1947年の53.96歳から現在(2014年)の86.83歳へと飛躍的に延び、2050年には90.29歳と予測されています。閉経後の期間がほぼ40年になり、閉経後の健康問題は大きな課題です。本講座では、昔を振り返りつつ、更年期以降の女性の健康を考えます。

講座の難易度 ★★

大阪市立大学大学院看護学研究科 教授

今中 基晴

2016年12月14日(水)
18:30~20:00

現代の教養としての経営学  より良い社会をつくるために

現代の経営学は、もはや利潤を追求する企業経営者のためだけの専門知識ではありません。現代を生きるあらゆる人々が、政治・行政、経済、医療・福祉、文化・教育などあらゆる分野の「組織」の活動を通じて、さまざまな問題を解決し、より善い社会をつくっていくために役に立つ知識の創造をめざしています。

テーマの難易度 ★★

大阪市立大学大学院 経営学研究科 准教授

川村 尚也

2016年12月21日(水)
18:30~20:00

微生物と私たちの文明

地球上に最初に現れ最後まで残る生き物が細菌です。私たちは、これらの微生物と戦ったり、ときには利用したりしながら暮らしています。微生物との関係に文明が与えた影響を振り返り、これからの関係を考えてみましょう。

講座の難易度 ★

大阪市立大学大学院 生活科学研究科 教授

西川 禎一

項目 詳細
会場

大阪市立大学 文化交流センター ホール

(大阪駅前第2ビル 6階) ℡06-6344-5425

MAP

定員・対象

16歳以上の方  住所・勤務地に関係なく申し込めます。

各回120名、先着順

参加費・受講料 1回500円(大阪市立大学の学生は無料)