公立大学法人大阪市立大学

~市大に1日体験入学しませんか!?~ 大阪市立大学「市大授業」を開催します

  文学部を知りたい人のための
  数学や理科の好きな高校生のための

市 大 授 業

平成28年4月29日(金・祝) 13:00~15:50 (受付 12:00~)

市大授業の申込受付は4月22日(金)17:00をもって終了しました。

席に若干余裕のある講座もございますので、

受付終了後に受講を希望されるかたは一度事務局までお問い合わせください。

尚、4月25日までに申し込み頂いた方へ受講通知書の送付等は完了しています。

返信の連絡がない場合は、必ずご連絡下さい。

連絡先:06-6605-3504 (問合せ時間 平日9:00~17:00)


市大授業は、高校生やその保護者の方をはじめ、大阪市立大学に関心を持ってくださっている方々に、本学の講義やキャンパスの雰囲気を体験してもらうことを目的として毎年開催しています。 今回は文学部と理学部教員による模擬講義や、文学部の学生と大学生活などについて語らうフリートークなどを企画しています。また、当日は学術情報総合センター(図書館)の施設見学会も実施しますので、ぜひこの機会にご参加ください。(※文学部を知りたい人のための市大授業/数学や理科の好きな高校生のための市大授業のタイトルからそれぞれの学部の市大授業サイトへリンクしています。)

文学部を知りたい人のための市大授業

~ひらけゆく世界 みえてくる人間~

数学や理科の好きな
校生のための市大授業

1時限  13時~14時10分

文A

生駒山の頂上に住宅地を作ろうとしたドイツ人建築家―――ブルーノ・タウト

~定員に達したため募集を終了しました~

西洋史学 北村 昌史 教授 

理A

実数って何?

数学科 岩渕 司 准教授

文B

文学の鼓動にふれる

~定員に達したため募集を終了しました~

表現文化学 野末 紀之 教授

理B

分子の立体構造を見る

化学科 宮原 郁子 准教授

文C

ディズニーのテーマパークはなぜ世界遺産にならないのか?

~定員に達したため募集を終了しました~

アジア都市文化学 天野 景太 准教授

理C

過去100万年の気候変化-氷期と間氷期-

地球学科 井上 淳 准教授

第2時限  14時40分~15時50分

D

文学部学生とのフリートーク!

~定員に達したため募集を終了しました~

大学生活を詳しくご紹介します。       (※途中入退室自由)

協力 文学部・文学研究科教育促進支援機構

理D

自発的対称性の破れと量子流体

物理学科 竹内 宏光 講師

理E

好熱菌から生命の起源を考える

~定員に達したため募集を終了しました~

生物学科 増井 良治 教授

学術情報総合センター(図書館)見学会 14時~17時


      高校生・予備校生・保護者の方など
   員   各講義 150名【先着順】
   用   無 料
申込み期間   平成28年3月9日(水)~4月22日(金) 

申 込 方 法   下記①~⑥の項目を明記のうえ、オープンレクチャーズ、電子メール、ファックス、往復はがき

           いずれかの方法でお申込みください。後日、受講通知書を返送します。

  ①受講を希望する講義番号(例:理Aコース/各時限より1つずつ選択可能) ②住所                     ③氏名(ふりがな)④高校名(または予備校名)⑤学年                                           ⑥電話番号FAXで申込みの場合はFAX番号も記入のこと)

                   ※メールでのお申込みについて
お申込みいただいたメールアドレスに、順次事務局より受講証の返信を行います。お申 込み後1週間以上返信がない場合は、申込みメールが届いていない可能性がありますの で、お手数ですが下記事務局までお問い合わせください。

      

申  込   先   558-8585 大阪市住吉区杉本33138
                         大阪市立大学 地域連携センター
                     TEL 06-6605-3504 / FAX 06-6605-3505
                     電子メール: shidai@ado.osaka-cu.ac.jp

※申込時にご記入頂いた個人情報につきましては、受講者名簿の作成、各種講座の案内にのみ使用いたします。



開催日時 タイトル 講師 申し込み

2016年04月29日(金)
13:00~14:10

【文A】 生駒山の頂上に住宅地を作ろうとしたドイツ人建築家―ブルーノ・タウト

1930年代前半、生駒山の頂上に住宅地を設計した人がいます。その 人はドイツの建築家ブルーノ・タウト(1880-1938 年)。1933年にナチス政権が誕生すると日本に亡命し、3年半の滞在中に日本文化について優れた文章を残した人です。タウトは日本に来る前にはドイツで多くの住宅を設計しています。そのいくつかは、後の住宅建設に大きな影響をあたえたことから世界文化遺産に登録されています。授業では、タウトの生涯について話をします。

文学研究科 西洋史学 教授

北村 昌史

2016年04月29日(金)
13:00~14:10

【文B】 文学の鼓動にふれる

「お前は生まれるはずじゃなかったんよ。」中年になった作家に母は告白する。ある認識がおとずれて、彼はそれを受け入れられるようになる――文学作品は身近な言葉を用いつつ、日常から一歩離れた世界へと読者を誘います。ささいな表現が重大な意味を孕んでいることもあります。この授業では、比較的易しい英語で書かれた英国人作家の自伝を素材に、そうした文学の仕掛けについて多様な角度から考察します。

文学研究科 表現文化学 教授

野末 紀之

2016年04月29日(金)
13:00~14:10

【文C】 ディスニーのテーマパークはなぜ世界遺産にならないのか?

~定員に達したため募集を終了しました~

人々を惹きつけてやまない東京ディズニーリゾート。今や日本を代 表する人気観光地です。そんな人気観光地といえば、世界遺産に登録された場所(たとえば富士山や白川郷など)も、現在多くの観光客で賑わいを見せています。しかし、いくら人気があるとはいえディズニーリゾートが世界遺産に登録される気配はありません。テーマパークと世界遺産観光地。この2つの観光対象の文化的特徴の比較を手がかりに「観光を学問する」ことの醍醐味に迫ります。

文学研究科 アジア都市文化学 准教授

天野 景太

2016年04月29日(金)
13:00~14:10

【理A】 実数って何?

長さなどの量を表すために、自然数や整数、有理数はよく使われていますが、2次方程式の解は平方根を用いるため有理数以外の数である無理数を考える必要があります。無理数は有理数で表すことができない無限小数ですが、実際にはどのような数なのでしょうか?ここでは、無理数の例と無理数全体をどのように理解すればよいのかを考えます。

理学研究科 数学科 准教授

岩渕 司

2016年04月29日(金)
13:00~14:10

【理B】 分子の立体構造を見る

私たちの体や身の回りにある物質は、原子が集まって出来る分子で構成されています。分子は、わずかな構造の違いで異なる性質を示し生活の中で様々な役割を果たしています。そのため、分子の形を知るということは、分子の性質を知るために非常に重要です。授業では、水やメタン等の簡単な分子から、薬、タンパク質のような複雑な分子まで、その構造を眺め、それらの性質を知るとともに、構造の決定法についても紹介します。

理学研究科 化学科 准教授

宮原 郁子

2016年04月29日(金)
13:00~14:10

【理C】 過去100万年の気候変化―氷期と間氷期―

最近、異常気象や地球温暖化といった話題が注目されていますが、地球の気候変化にはこうした短期的な変化だけでなく、何万年もの長期的な変化パターンを持つものもあります。この授業では、氷期と間氷期が繰り返される過去100万年間の気候がどのようなものであったか、またどのように気候変化が起こるのか、について話します。

理学研究科 地球学科 准教授

井上 淳

2016年04月29日(金)
14:40~15:50

【文D】 文学部学生とのフリートーク!

大学生活を詳しくご紹介します。
途中入退室自由
協力:大阪市立大学文学部・文学研究科教育促進支援機構

2016年04月29日(金)
14:40~15:50

【理D】 自発的対称性の破れと量子流体

極低温の世界では『量子流体』と呼ばれる量子力学に支配された流体が出現し、アッと驚く現象を引き起こします。抵抗がゼロになる超伝導はその例の一つです。この現象の根底には南部陽一郎氏(大阪市立大学 名誉教授)のノーベル賞受賞で一躍脚光を浴びた『自発的対称性の破れ』という概念が横たわっています。この授業ではこの概念を通じて、量子流体の本質とその魅力に皆さんと一緒に迫りたいと思います。

理学研究科 物理学科 講師

竹内 宏光

2016年04月29日(金)
14:40~15:50

【理E】 好熱菌から生命の起源を考える

~定員に達したため募集を終了しました~

微生物の中には70℃以上の高温を好むものがいます。そのような「好熱菌」は、地球に存在する全ての生物の共通祖先細胞に最も近いと考えられています。また、核酸やタンパク質といった分子のレベルで見ると、細胞の基本的な仕組みはどの生物にも共通です。好熱菌を手がかりにして、生命誕生の謎や生命とは何かを考えてみましょう。

理学研究科 生物学科 教授

増井 良治

項目 詳細
会場

大阪市立大学 市大授業 各会場

MAP

定員・対象

高校生、予備校生とその保護者

各講義150名(先着順)

参加費・受講料 無料

添付ファイル