公立大学法人大阪市立大学

専門家講座(メディアコース《近代大阪の大衆文化と新聞メディア》)

専門家講座では、各分野で活躍されている本学の卒業生・教員等各分野の専門家が最新の生きた知識と情報を提供し、実践的な教育と大阪の文化向上に寄与します。

                                       (講座の難易度の目安)
                                       ★一般市民向け 入門講座等
                                      ★★一般市民向け 初級講座等
                                     ★★★一般市民向け 中級講座
                                    ★★★★専門家向け講座・研修 中級
                                   ★★★★★専門家向け講座・研修 上級

複数の講座の受講を希望される場合は、上記の「まとめて申込み」よりお申し込みください。
申込みは、受講者ごとに行なってください。一度申し込み1名のみのお申込みとなります。(お申込みフォームの氏名欄やメッセージ欄に、複数の受講者のお名前や「他○名受講申込み」といった文言の入力はしないで下さい。

開催日時 タイトル 講師 申し込み

2016年03月03日(木)
18:30~20:00

朝日新聞の歩みと大阪文化

近代大阪の大衆文化は、新聞とともに発達しました。大阪で生まれた朝日や毎日など多くの新聞が競い、新聞王国とまで言われました。各新聞社は、ニュース競争だけでなく、航空界、野球界、さらには文化、イベントなどの分野で、大阪の庶民文化をはぐくんでいきました。その歩みを振り返りながら、近代の大衆社会とメディアの関係について考え、大阪の歴史と文化への理解を深めます。

難易度★★

大阪経済大学
非常勤講師
後藤 俊明

2016年03月10日(木)
18:30~20:00

白蓮事件と新聞報道 ~朝毎二大紙競争~

NHKの連続ドラマ「花子とアン」で話題になった白蓮事件を取り上げます。筑紫の炭鉱王の妻で歌人の白蓮が、東京の愛人のもとへ出奔したセンセーショナルな事件は、朝日が妻からの絶縁状をスクープ、毎日が夫の言い分を掲載し、その後の読者からの声も賛否が大きく分かれました。当時の朝毎両紙の紙面をもとに、大正時代の社会と文化について考えます。

難易度★★

神戸親和女子大学 
非常勤講師
植木 佳子
項目 詳細
会場

大阪市立大学 文化交流センター ホール

(大阪駅前第2ビル 6階) ℡06-6344-5425

MAP

定員・対象

16歳以上の方 住所・勤務地に関係なく申し込めます。

各回120名、先着順

参加費・受講料 1回500円(大阪市立大学の学生は無料)