公立大学法人大阪市立大学

第193回 市民医学講座 潰瘍性大腸炎-内科治療・外科治療の最新トピックス

潰瘍性大腸炎は難病に指定されている炎症性腸疾患ですが、 新規薬剤の開発、手術法の進歩により治療成績は目覚しく向上しています。 この病気の円滑な治療には消化器内科・消化器外科の緊密な連携が重要です。 今回の講座では最新の内科治療・外科治療および当院での取り組みについて内科、外科の専門医が説明いたします。


開催日時 タイトル 講師 申し込み

2015年06月17日(水)
18:10~20:00

潰瘍性大腸炎-内科治療・外科治療の最新トピックス

潰瘍性大腸炎は難病に指定されている炎症性腸疾患ですが、新規薬剤の開発、手術法の進歩により治療成績は目覚しく向上しています。この病気の円滑な治療には消化器内科・消化器外科の緊密な連携が重要です。 今回の講座では最新の内科治療・外科治療および当院での取り組みについて内科、外科の専門医が説明いたします。

前田 清 准教授(大阪市立大学大学院医学研究科 腫瘍外科学)

山上博一 講師 (大阪市立大学大学院医学研究科 消化器内科学)

項目 詳細
会場

大阪市立大学医学部医学情報センター・ホール(あべのメディックス6階)

〒545-0051 大阪市阿倍野区旭町1-2-7 あべのメディックス6階

MAP

定員・対象

18歳以上の方

150名(先着順)

参加費・受講料 無料、資料代実費(500円程度、希望者のみ)