公立大学法人大阪市立大学

第37回住吉区民教養セミナー なぜ人は「うた」をうたふのか?-「萬葉集」の語る意義-

萬葉集』には、7世紀頃から8世紀半ば頃までの、いわゆる古代の歌がのこされています。およそ四千五百首を数える、その一首一首を読み解いてゆくと、なぜ人が「うた」をうたうようになったのか、その深い思い に触れ得た!と膝を打つ瞬間が、時として、あります。このセミナーでは、その一つ二つの場合についてご 一緒に読みを深め、古代の人びとにとって「うた」とは何であったか、『萬葉集』という歌集は私たちにとっ てどんな存在なのか、思案を深めたいと念願しています。

開催日時 タイトル 講師

2012年06月29日(金)
13:30~15:00

なぜ人は「うた」をうたふのか?-「萬葉集」の語る意義-


項目 詳細
会場

大阪市立大学 学術情報総合センター10F

〒558-8585 大阪市住吉区杉本3-3-138 JR阪和線「杉本町(大阪市立大学前)駅」下車、東へ徒歩約5分。 地下鉄御堂筋線「あびこ駅」下車、4号出口より南西へ徒歩約20分 。

MAP

定員・対象

どなたでも参加できます。

100名

参加費・受講料 無料