公立大学法人大阪市立大学

公開講座 ―Open lectures― について

募集は、講座実施の1、2か月前が一般的ですが、植物園観察会など当日自由参加の講座もあります。詳しくは各講座の案内をご覧ください。


主な講座


創立100周を記念事業の一環として、1982(昭和57)年に設立されました。大阪市立大学を中心とする大学教員等による知的情報の提供及び交流を推進して、大学における学術研究の成果を社会に還元し、あわせて学術文化の振興に寄与することを目的としています。大阪駅前第2ビル6階という交通至便な場所にあり、年間を通して各種の公開講座、シンポジウム、セミナー、講演会などを開催しています。

「現代人と病気」というテーマのもとに、病気と医療についてわかりやすく解説し、病気の治療と予防について知識を深めていただくために開催しています。

(株)近鉄百貨店との文化事業実施に関わる協定に基づき、近鉄文化サロンとの共催講座を開講しています。暮らしの様々なテーマを総合大学ならではの視点で学ぶことができます。

(株)朝日カルチャーセンターとの文化事業実施に関わる協定に基づき、朝日カルチャーセンターとの共催講座を開講しています。うめきたグランフロントにある本学の健康科学イノベーションセンターを会場とし、主にライフサイエンス系に特化した分野について学ぶことができます。

  • 三大学連携講座
大阪市立大学、大阪府立大学、関西大学は、大阪都市圏に立地する大学として、より活発な相互交流を推進するため、幅広く連携を強化していくことについて合意し、平成20年11月6日に包括連携協定を締結しました。その連携事業の一つとして、平成21年度より公開講座を共同開催しています。