平成29年9月19日(火)に大阪市港区の港晴東老人憩の家で、「大阪Sea級グルメレシピ研究発表会および試食会」が実施されました。
 本件は、本学のCR副専攻の総括の授業である「アゴラセミナーⅡ」で実施された6つのテーマの内の1つとして、大阪市立大学エッサヤー活動支援事業の支援も受け、マーケティングの観点から学生自ら調査・分析し、地域ブランドに相応しいグルメレシピとして開発したものです。
 開発したレシピは、地元大阪湾の地域食材である「泉だこ」「大阪湾しじみ」「大阪湾しらす」と、ベースとなるカレー、焼きそばをかけ合わせた「泉だこカレー」と「しじみ焼きそば」「しらす焼きそば」です。
 発表会には、大阪市港区の筋原区長および本学の京極副理事長も参加され、試食会も実施しました。筋原区長からは、「地元食材をうまく取り入れた、大変美味しいレシピが出来上がった。是非、地域ブランドとして広めて欲しい。」とのコメントを頂きました。
 なお、大阪港開港150周年記念事業の一環として開催される10月29日(日)の「第10回天保山まつり」では、これらのメニューを販売すると共に、地域の飲食店にレシピを提供する予定です。

筋原港区長と京極大阪市大副理事長 泉だこカレー
筋原港区長と京極大阪市大副理事長 泉だこカレー
しじみ焼きそばとしらす焼きそば 参加者全員
しじみ焼きそばとしらす焼きそば 参加者全員