OPU.OCU.Symposium 大阪府立大学と大阪市立大学が、「大阪の再生・賦活と安全・安心の創生をめざす地域志向教育の実践」をテーマに、平成25年に文科省に共同申請し、採択された「地(知)の拠点整備事業(COC事業)」が、本年度、最終年度となります。本シンポジウムでは、5年の間に変革した教育プログラムや、フィールドワークを中心とする授業内容、自治体や地域住民との連携強化、学生の成長等について、両大学から報告します。またパネルディスカッションでは、同じくCOC事業に採択された公立大学の教員と共に、各大学のCOC事業の成果報告や、COCの後継事業である「地(知)の拠点大学による地域創生推進事業(COC+)」への継承についても討論します。

1. 開催日時

平成29年12月4日(月) 9:30~12:00(9:00開場)

2. 会場

I-siteなんば2階カンファレンスルーム
(大阪市浪速区敷津東2丁目1番41号南海なんば第1ビル内)

・南海電鉄「なんば駅(中央出口)」下車、南へ約800m、徒歩約12分
・南海電鉄高野線「今宮戎駅」下車、北へ420m、徒歩約6分
・地下鉄御堂筋線「なんば駅(5号出口)」下車、南へ約1,000m、徒歩約15分
・地下鉄御堂筋線・四つ橋線「大国町駅(1番出口)」下車、東へ約450m、徒歩約7分
・地下鉄堺筋線「恵美須町駅(1-B出口)」下車、西へ約450m、徒歩約7分

3. プログラム

1. 開会の挨拶
 荒川 哲男(大阪市立大学長)

2. 基調講演「奈良県立大学におけるCOC事業への取り組み」
 伊藤 忠通(奈良県立大学長)

3. 両校の実績報告
 石井 実(大阪府立大学副学長)
 井上 徹(大阪市立大学副学長)

4. パネルディスカッション「関西の大学におけるCOC事業の実績と今後」
 (パネリスト、五十音順)
 李 素婷(兵庫県立大学地域創造機構特任助教)
 生田 英輔(大阪市立大学生活科学研究科講師)
 金子 泰純(和歌山大学システム工学部教授、COC+推進室長)
 庄司 祐介(文部科学省高等教育局大学振興課大学改革推進室係長)
 高津 融男(奈良県立大学地域創造学部教授)
 萩原 和(滋賀県立大学地域共生センター准教授)
 前川 真行(大阪府立大学高等教育推進機構准教授)
 モデレーター:山本 章雄(大阪府立大学特命副学長)

5. 閉会の挨拶
 辻 洋(大阪府立大学長)

4. 対象

どなたでも

5. お申込

事前申込み制(当日参加も可能)

下記内容をご記入の上、メールまたはFAXで、大阪府立大学または大阪市立大学宛にお申し込み下さい。

申込内容 ①お名前 ②所属機関・部署(役職)③電話番号 ④メールアドレス
申込先

・大阪府立大学COC事務局「COC合同シンポジウム係」宛
 メール:coc_seminar◎ml.osakafu-u.ac.jp(◎を@に差替えて下さい)
 FAX :072-254-8309

・大阪市立大学プロジェクトマネジメントオフィス「COC合同シンポジウム係」宛
 メール:pmo-coc◎ado.osaka-cu.ac.jp(◎を@に差替えて下さい)
 FAX :06-6605-3505

6. 入場無料

参考資料

大阪府立大学・大阪市立大学合同シンポジウム(PDFファイル649 kB)

お問い合わせ先

・大阪府立大学COC事務局
(TEL)072-254-8309(Mail)coc_seminar◎ml.osakafu-u.ac.jp(◎を@に差替えて下さい)

・大阪市立大学プロジェクトマネジメントオフィス
(TEL)06-6605-2068(Mail)pmo-coc◎ado.osaka-cu.ac.jp(◎を@に差替えて下さい)