2017年12月4日(月)に「I-siteなんば」にて、「関西におけるCOC事業の成果と今後の展開」をテーマとした合同シンポジウムを開催しました。
 両大学は共同で、2013年に文科省「地(知)の拠点整備事業」(COC事業)に申請・採択され、今年度が最終年度となります。本シンポジウムでは、この5年間のCOC活動についての実績の報告と、今後の「地(知)の拠点大学」としての在り方と考えることを目的に、開催しました。
 本学荒川学長の開会の挨拶の後、奈良県立大学の伊藤学長より、「奈良県立大学におけるCOC事業への取り組み」と題し、同学の地域志向に対する改革や教育システム、人材の育成、COC+への発展等について、基調講演がありました。
 続いて、大阪府立大学の石井副学長と本学の井上副学長より、COC事業により、両大学に新しく導入されたCR副専攻を主とした教育プログラムの内容や実績を中心に、報告がありました。
 大阪府立大学の山本特命副学長の進行によるパネルディスカッションでは、文部科学省大学改革推進室の庄司係長からCOCおよびCOC+の主旨や経緯の説明の後、関西のCOC採択校の各教員(兵庫県立大学李先生、大阪市立大学生田先生、奈良県立大学高津先生、滋賀県立大学萩原先生、大阪府立大学前川先生)から、実際に担当されている授業の活動状況について紹介がありました。また、授業を実施する上で感じている課題について、各先生より発表されました。和歌山大学の金子COC+推進室長からは、COCの後継事業であるCOC+の課題と教育の方針、地域との関わり方について発表されました。
 和歌山大学の瀧学長からは、本日の内容に対する講評を頂き、最後に大阪府立大学の辻学長による閉会の挨拶で、終了しました。
 本シンポジウムでは、両大学および他大学のCOCの成果の確認や、地域での教育の課題を認識することが出来、COC+も含めた今後の大学での地域志向教育を通し、今後も地域への貢献をより進めていくことを共有しました。

1 当日の会場の様子 2 奈良県立大学 伊藤学長による基調講演 3 大阪府立大学 石井副学長による成果報告
当日の会場の様子

奈良県立大学
伊藤学長による基調講演

大阪府立大学
石井副学長による成果報告
4 大阪市立大学 井上副学長による成果報告 5 パネルディスカッションの様子
大阪市立大学
井上副学長による成果報告
パネルディスカッションの様子