平成29年2月16日(木)に、大阪市立大学学術情報総合センター文化交流室にて、COCフォーラム「平成28年度CR副専攻成果報告会」を開催しました。

 最初に井上副学長から、本学が全学的に取り組んでいる地域志向教育の概要についての説明の後、CR副専攻の導入科目である「地域実践演習」の4クラスについて、受講生から学修した内容について、報告を行いました。続いて次年度科目である「アゴラセミナーIa/Ib」の5分野での学修内容について、受講生から報告を行いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 パネルディスカッションでは、CR副専攻を構成する5分野の代表教員5名と、大学教育研究センターの教員1名により、今年度実施した授業の成果内容や学生への教育に及ぼす効果、また逆に授業を運営するに当たって見えてきた課題を振り返ることで、来年度以降の教育プログラムの改善に向けて多様な意見を提案しました。

 

 

 

 

 また、地域で活動され、フィールドワークにご協力いただいている来場者より、本学の地域志向教育が地域再生へ貢献していることに対する感謝のお言葉もいただき、地域と協働した教育プログラムであり、その成果も出ていることを確認することが出来ました。