「わかやま未来学副専攻」第1回スタートアップセミナーと合同で実施

20161103_gatsun3_1

11月3日(木・祝)に、地域実践演習(GATSUN)Ⅲの一環として、和歌山市フィールドワークを実施しました。本フィールドワークは、COC+事業の「わかやま未来学副専攻」スタートアップセミナーとしても位置づけられ、和歌山大学・摂南大学と合同で実施しました。当日は、和歌山市内のリノベーション物件を、まち歩きで見学し、建物や周辺エリアの多様な考えや表現に触れ、学生たちも交流を行い、和歌山市内の新たな視点を識り、考えをもつ機会を得ました。

★当日の様子はコチラ
(和歌山大学、第1回スタートアップセミナー)

当日は地域実践演習Ⅲのみでもスタディーツアーを実施

上記のスタートアップセミナーに参加した後、和歌山市にて独自のスタディーツアーを受講生と企画しました。10月1か月の短期間の情報収集を経て、以下3つのテーマに取り組むことにしました。

  1. 七曲市場 ~寂れゆくことはないその場所~
  2. インバウンドが生む地域振興の可能性
  3. かつての企業城下町の今は?

当日は、地域実践演習らしく、飛び込みで、現地実習はスタートとなりました。午前のスタディーツアー(スタートアップセミナー)では、奇しくも街歩き拠点を結ぶ中で、ぶらくり丁から連なる商店街、そして複数の拠点がゲストハウスを運営している点など、設定テーマが重なり合う幸運に出会いました。以下、テーマごとの目標、実施内容、知見と課題を受講生が簡単にまとめています(テーマ名をクリックすると各内容が展開表示されます)。

1.七曲市場 ~寂れゆくことはないその場所~

2.インバウンドが生む地域振興の可能性

3.かつての企業城下町の今は?