• CR副専攻の修了に必要な単位に含まれる+卒業に必要な単位に含まれる
  • 2016年度より1・2回生対象、1クラスを選択・2単位
  • 大阪市立大学・大阪府立大学どちらで開講している科目を履修してもよい(単位互換)

h26-gatsun1-3地域実践演習は、1・2回生を対象とした授業で、教員が学生とともに、地域が抱える問題を発見し解決をめざすアクティブラーニング形式の演習科目です。CR副専攻の導入科目に位置付けられます。社会貢献を通じて自分の役割、学ぶ意義を再認識するとともに、学生が主体的に課題に取り組むことを通じて、地域課題を知り、論理的に考える力、自分の思いを他者に伝える力、他人と協力しながら目的を実現する力などの修得もめざします。

また、CR副専攻では、大阪府立大学が単位互換科目として提供している、同名の「地域実践演習」を受講することも可能です。単位互換科目の履修手続きについては、「全学共通科目シラバス・履修案内」やポータルサイトを確認するようにしてください。

GATSUNとはGuts Appointing Training Strategy in UNiversityの略称です。

2017年度 開講科目一覧

提供先 科目名 テーマ 開講時期
市大 地域実践演習Ⅱ いのちを守る都市づくり―コミュニティ防災実践 前・月5
市大 地域実践演習Ⅲ 紀伊半島における地域再興の学修
―都市・農山漁村の諸相に接する―
後・月5
市大 地域実践演習Ⅳ 地理・空間(都市・建築)的視点から大阪を体感する 前・集中
市大 地域実践演習Ⅴ まちを面白がる! ~学生視点による観光ガイドブックづくりを通じた地域の文化資源の魅力の発掘と発信~ 後・月5

 

2016年度 開講科目一覧

 

※大阪市立大学にて開講された各演習の概要は「学生のための地域志向教育ガイド」からも確認できます。

提供先 科目名 テーマ 開講時期
市大 地域実践演習Ⅰ ものづくりと都市のあきないをつなげる学修 後・火2
市大 地域実践演習Ⅱ いのちを守る都市づくり―コミュニティ防災実践 後・集中
市大 地域実践演習Ⅲ 紀伊半島における地域再興の学修
―都市・農山漁村の諸相に接する―
後・月5
集中あり
市大 地域実践演習Ⅳ 地理・空間(都市・建築)的視点から大阪を体感する 前・集中
市大 地域実践演習Ⅴ コミュニティベースのアーツマネジメント実践 後・木3
集中あり

 

2015年度 開講科目一覧

 

※大阪市立大学にて開講された各演習の概要は「地域志向教育カタログ2015」からも確認できます。

提供先 科目名 テーマ 開講時期
市大 地域実践演習Ⅰ 地域新聞の編集等を通した現場のまちづくり実践 後・金3
集中あり
市大 地域実践演習Ⅱ 住之江・住吉・西成におけるいのちを守る都市づくり実践 後・集中
市大 地域実践演習Ⅳ 地理・空間(都市・建築)的視点から大阪を体感する 前・集中
市大 地域実践演習Ⅴ まちを面白がる!~学生視点による観光ガイドブックづくりを通じた地域の文化資源の魅力の発掘と発信~ 後・水4
集中あり

 

2014年度 開講科目一覧

 

※大阪市立大学にて開講された各演習の概要は「地域実践演習のススメ」からも確認できます。

提供先 科目名 テーマ 開講時期
市大 地域実践演習Ⅰ 我孫子町商店会の活性化を通じたまちづくり 後・月5
市大 地域実践演習Ⅱ 住吉・住之江・西成におけるいのちを守る都市づくり実践 前・集中
市大 地域実践演習Ⅲ 紀伊半島新宮市における地域再興、ニューツーリズムの学修 前・月5