• CR副専攻の修了に必要な単位に含まれる、卒業に必要な単位に含めることができるか否かは所属学部による(所属学部の履修要覧などを確認すること)
  • 2回生以上の学生が対象、選択必修4単位
  • 4単位のうち2単位以上は、自身の所属と異なる学部の提供する科目を受講することが望ましい

regional-cultural-resources-2CR認定専門科目は、大阪市立大学の各学部で提供されている専門科目のうち、「地域・福祉・共生・社会・環境」などをテーマとして扱うものから構成されています。CR認定専門科目は、他学部履修を可能とするものであり、毎年度開講される複数の科目から、自分自身の興味に沿ったものを受講してください。自分の主専攻とは異なる分野の専門領域を学習することで、幅広い視点に基づいて分析する力を身につけていきます。そのため、自分の所属する学部の専門科目のうち、CR認定専門科目を受講することができますが、自分の所属する学部以外の科目を履修していくことが強く推奨されます。

なお、科目は毎年変更されることがあり、自分の受講したい科目がその年度に開講されているとは限りません。また、科目によっては受講者数超過の際に主専攻学生の履修を優先したり、履修の際に別途手続きが必要になったりするものもありますので、最新の「副専攻ガイド」や以下の科目表の注意事項をよく確認するようにしてください。

2017年度 認定科目一覧

提供学部 科目名 2017年度
履修可否
注意事項
文学部 地理学特殊講義Ⅰ  
表現・表象文化論演習Ⅱ  
観光文化論  
国際都市社会論Ⅰ・Ⅱ ×  
教職ボランティア実習Ⅰ × 履修条件:「教職課程履修登録シート」をすでに教職課程委員会に提出している、または履修年度中に提出予定である
教職ボランティア実習Ⅱ ×
教職ボランティア実習Ⅲ ×
教職ボランティア実習Ⅳ
教職ボランティア実習Ⅴ
教職ボランティア実習Ⅵ
経済学部 経済地理学  
都市経済論 ×  
地方財政論 ×  
地方財政論特殊講義  
商学部 ファッションビジネス論 ×  
中小企業論 ×  
地域産業論 ×  
観光論  履修者が教室定員を超過した場合、履修制限がかかることがあります
生活科学部 防災・安全科学  
工学部 都市史 履修人数制限あり 人数超過の場合、主専攻の学生を優先する(定員60名)
都市デザイン 履修人数制限あり 人数超過の場合、主専攻の学生を優先する(定員80名)
地理情報科学 履修人数制限あり 人数超過の場合、主専攻の学生を優先する(定員60名)/集中講義(研修期間中の9月を予定)
都市計画 履修人数制限あり 人数超過の場合、主専攻の学生を優先する(3~5名程度)
建築構法
建築防災・防火論 履修人数制限あり 人数超過の場合、主専攻の学生を優先する(3~5名程度)/理系学生の受講を推奨する
建築構造力学序説
建築計画総論 履修人数制限あり 人数超過の場合、主専攻の学生を優先する(3~5名程度)

2016年度 認定科目一覧

2015年度 認定科目一覧