cr-minor-guide2017

CR副専攻は、コミュニティ再生(CR = Community Regeneration)をキーワードに、「大阪」をはじめとする地方都市・地域社会における多様化・複合化した課題に主体的に取り組み、解決の糸口を切り開くことができる人材の育成を目指した教育プログラムとなっており、地域社会の「再生と賦活」「安全と安心」をめざし、学部横断的な5つの分野を複合的に学んでいくことになります。

※副専攻科目群や履修時の注意事項は「副専攻ガイド 平成29年度」(右)から

カリキュラム・イメージ

地域社会の問題解決(再生と賦活安全と安心)にあたるため、次のような力の習得を目指していきます。

  1. 地域が抱える問題を発見し、それについて考え、他者に伝える力
  2. 地域が抱える問題を分析し、現場に即した解決策をデザインする力
  3. 地域の現場、実践者たちと協働する力

こうした力を身につけるため、CR副専攻は、次の科目群から構成されています。

curriculum

地域実践演習 アゴラセミナー アゴラセミナー CR認定専門科目(学部)

※上図の各授業科目名をクリックすると該当ページへ移動します。

1・2回生/地域実践演習(GATSUN)(※)

まずは5分野いずれかの現場に入り、GATSUN!と地域課題を「識る」ことから
 地域実践演習(GATSUN = Guts Appointing Training Strategy in UNiversity)は、学生が教員とともに、地域が抱える問題を発見し解決をめざすアクティブラーニング形式の演習科目です。
※2016年度より1・2回生対象科目となりました。

2回生~/アゴラセミナーⅠa・Ⅰb

5分野すべてをテーマとして、「地域課題を見出す力」「解決策をデザインする力」の獲得へ
 アゴラセミナーⅠa・Ⅰbでは、5分野それぞれの教員が、普段の授業では出会えない「スゴイ現場とスゴイ人」に出会うようアレンジします。

2回生~/CR認定専門科目(学部)

複数の分野・学部における専門的な知識の修得により、地域課題を「分析する力」の獲得へ
 CR認定専門科目は、大阪市立大学の各学部で提供されている専門科目のうち、「地域・福祉・共生・社会・環境」などをテーマとして扱うものから構成されています。

3回生~/アゴラセミナーⅡ

CR副専攻の集大成!学んだ力やスキルを「総合」し、地域と「協働する力」の獲得へ
 アゴラセミナーⅡでは、これまで体験し学んできた成果を踏まえ、学生自身がテーマを考え、授業内容を組み立てます。

1~4回生/実習インターンシップ・課外活動

実習インターンシップを通して現場に飛び込み、「支援する力」「行動するスキル」の獲得へ
 CR副専攻受講生は、課外活動として、フォーラムやセミナー、あるいは教員の実施する現場での調査業務等への参加が推奨されます(任意の参加、単位なし)。

成績評価

CR副専攻科目群においては、統一された評価項目に基づいて受講生の成績が評価されます(CR認定専門科目をのぞく)。【副専攻スコア】として、「コミュニティ再生」に資する人材に必要な3つの力=「支援する力」「総合・協働する力」「デザインする力」を段階的に身につけられているか、評価されます。これらの成績評価は【副専攻カルテ】として受講生に開示すると同時に、受講生には授業に対する自己評価を記録してもらいます【ポートフォリオ】。希望者には、【副専攻カルテ】【ポートフォリオ】そして主専攻科目の履修状況に基づき、受講生の学習に関する個別面談の機会も設けます。