平成30年2月16日(金)に、大阪市立大学学術情報総合センター1階文化交流室にて、COCフォーラム「平成29年度CR副専攻成果報告会」を開催しました。
 本報告会は、フィールドワークを中心とした授業で、地域課題について学び、解決に向けて学修するCR(コミュニティ再生)副専攻の学修成果について、学内だけでなく、広く学外にも報告する機会です。

 最初に井上副学長からの開会の挨拶および本学のCR副専攻カリキュラムの説明の後、導入科目である「地域実践演習」の4クラスと、次年度科目の「アゴラセミナーIa/Ib」の5分野での学修内容について、受講生および教員から報告を行いました。

【地域実践演習】

授業名(分野) 発表テーマ
II(環境・防災) 「いのちを守る都市づくり -コミュニティ防災実践-」
III(地域福利) 「飛び込む・出会う・知る 地方地域の今 in 和歌山県日高川町寒川」
IV(地理・空間) 「地理・空間的視点から大阪を体感する」
V(地域・文化資源)  「まちを面白がる!~学生視点による観光ガイドブックづくりを通じた地域の
文化資源の魅力の発掘と発信~」

【アゴラセミナーIa/Ib】

分野  対象フィールド 
 地域活性クール  和歌山県新宮市
 地域・文化資源クール  奈良県十津川村武蔵
 環境・防災クール  東北被災地(石巻市、女川町、他)
 地理・空間クール  大阪市内(イケフェス大阪会場)
 地域活性クール  大阪市内(難波、日本橋)

 続いて、本学のCR副専攻を担当する教員の中から、2名の先生よりCR副専攻の成果や学生への要望についてのコメントを頂きました。

 更に、本学COC事業の外部評価委員の田端克行滋賀県立大学理事兼COC+推進室長より、発表に対するコメントと、滋賀県立大学のCOC事業の概要について、説明がありました。

 最後に、本学と共同申請している大阪府立大学の山本章雄教授兼生涯教育センター長より、コメントと閉会の挨拶を頂き、終了しました。

 学生にとっては、学修内容を振り返ると共に、それを広く発表する貴重な機会となりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
本学井上副学長 学生および教員からの報告
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
滋賀県立大学田端理事 大阪府立大学山本教授