昨今、過疎化や少子化による問題の改善、解決が特に地方において求められています。そこで、地方の中山間地域において、現状を把握し課題を発見し、どのような行動に移すべきかを考えるために、和歌山県日高川町寒川地区にて、計3回の巡検を行うことにしました。巡検は、各自の興味や関心に応じて構成した4班で行いました。

授業内容

 第一回巡検までの数回の授業では、各自の関心や興味を洗い出し、巡検において何を調査するのかの型枠の作成と、日程調整を行いました。その結果、当初はUIJターン、祭、林業、農業、川など、複数の項目がリストアップされましたが、三回の巡検を通して、大きくIターン、Uターン、祭、住宅地図の4班にまとまることとなりました。第一回巡検を経て、寒川という地域のパワフルな人との出会いから、どの班においても、「人」が今回の授業においてカギとなると感じました。また、1994年、2004年、2015年の住宅地図を入手したことで、住宅地図班が発足しました。そして第二回巡検にむけて班が整理され、4班となりました。住宅地図班は、空き家化から、人の変遷を探ることになりました。Iターン班は第一回巡検に引き続き、Iターン者の一人である森林組合の方に、Uターン班は、身近にUターン者がいる方などに、祭班は、ほたる保存会の会長に聞き取りを行いました。その後第三回巡検では、祭班はUターン班と合流し、三班体制で最後の聞き取りを行いました。まとめは、各班ともにレポートによる成果と考察の文字化によって行いました。全講義日程終了後も、COCフォーラムの発表にむけたスライド作成や講義外巡検に向けてのミーティングが複数回行われました。

各班のレポート

住宅地図を見ながら一軒一軒の動向を確認

住宅地図を見ながら一軒一軒の動向を確認

住宅地図で現場を歩きながら確認

住宅地図で現場を歩きながら確認

Iターン者へのヒアリング

Iターン者へのヒアリング

Uターン者へのヒアリング

Uターン者へのヒアリング

生活研究グループの方へのヒアリング

生活研究グループの方へのヒアリング

寒川祭り

寒川祭り