O2016年2月20日(土)に博学連携シンポジウム「難波宮と大化改新Ⅲ」を開催しました。本シンポジウムは大阪市博物館協会との共催で実施され、第三弾となる今回は開催時間を拡大し、更に中国と韓国からも先生をお招きいたしました。ご登壇頂いた 10 名の先生方からは、様々な視点から難波宮の解明に向けた研究結果をご報告いただきました。当日は生憎の雨で、足元の悪いなかにも関わらず 259 名の受講者様にお越しいただきました。

開催報告はコチラ

ご参考

大阪市立大学ホームページでの開催報告記事
 
博学連携について