大阪城天守閣平成23年3月25日(金)、公立大学法人 大阪市立大学と財団法人 大阪市博物館協会*は包括連携協定を締結しました。「博学連携事業」では、教員・研究者の交流や歴史・文化資源の活用などにかかわる幅広い連携事業を相互に協力して実施することにより、活力ある地域社会の創造、人材育成及び学術文化の向上発展に貢献することを目指しています。

*H24.4~公益財団法人

博学連携とは

本学では、大阪市博物館協会と、研究・教育・地域貢献などのさまざまな分野で連携を進めている事業を「博学連携(はくがくれんけい)」とよんでいます。 一般的に、「博学連携」といえば、博物館と中学校・小学校などが連携し、学生・児童の教育の一環として博物館を位置づける活動のことをいいます。 本学が展開する「博学連携」でも、大学生の教育の側面は重視していますが、それのみにとどまらず、博物館学芸員と大学教員の間の共同研究、博物館と大学が協力して市民のみなさんに最新の研究成果をお伝えする地域貢献も、同じように大事な事業と考えています。 このように、大学と複数の博物館が恒常的かつ広範囲に連携活動を進めるのは、日本で初めてのことです。

包括連携協定に基づく連携協力の概要

  1. 共同の研究・調査に関すること
    • 市立大学の教員、博物館等の学芸員による、人文科学・自然科学分野を対象とした基礎的研究、学際的研究
  2. 学生支援に関すること
    • 博物館学芸員の市大への講師派遣
    • キャンパスメンバーズ制度の導入による、学生の博物館利用の促進
  3. 社会貢献に関すること
    • 市民向け講座の共同企画による実施
    • 小・中・高生の歴史学習支援のためのさまざまな連携
  4. その他、両者が必要と認めること

※大阪市博物館協会との包括連携協定について詳細はコチラ

推進メンバー

「博学連携」は以下のメンバー及び地域連携センターが中心になって進めています。