1. 事業の概要

実施の目的・ねらい

地方都市における子どもから、若年層のエンパワーの仕組みづくりを目指した事業であり、学習力、生活力をつけることをベースに、地域での雇用開発を豊かな地域資源を掘り起しながら、地域力をつけていくという目的を有している。
そのために、いくつかのプログラムを重層的に配置し、こうした目的に多面的にアプローチし、次世代が自信をもって将来暮らしてゆける新宮市を創造してゆくことを最終的にはめざしている。
人権文化のまちとしての本市の施策の伝統の継承であるとともに、大学側もこれを授業カリキュラムとして位置づけた点で、今までよりもさらに踏み込んだ連携となっている。

図1

活動名 活動概要 達成目標(下線部、最低限獲得目標)
地域子ども塾 旧市街地に位置する浮島児童館、下田児童館、橋本児童館を拠点として、【地域子ども塾】(夜間補習授業、夜スペ)を合宿期間中実施し、学力向上のための教育補助を行う。 ①子どもたちの学力向上、進路保障が第一課題としてあり②同時に生活力を付けていくための基礎学力や広い意味での教養をつけ③そして地域のもつ発信力や遺産をきっちり学ぶという3点の取り組みが、【地域子ども塾】という形で、根付いてゆくことが、活動目標となっている。
子どもまち学習ワークショップWS 大学生と児童館(地域)が協働で企画・運営し、まち歩き、地図づくり等の【子どもまち学習ワークショップWS】を実施する。 ・学生と子どもたちが地域に出向いて、地域巡検を行うことを通じ、地域との連携で、ワークショップを行い、歴史や地域の系譜をしっかり学ぶ。・意外と知られていないのが地元の地域のもつ歴史的系譜や社会資源の役割である。大学生とともに取り組む。・特に子どもを主役とするまちづくりに近づけるワークショップはあまり例をみない取り組みであり、これを今後の小学校の授業の一環として取り入れてゆくことは、まちづくり教育の幅を広げるという意味で効果はある。学校や地域で得られる感覚とは異なる知識と表現力を得ることになる。将来、外に出て新宮のことを誇れる。あるいは問題を認識する、Uターンしても正しい知力で、地域づくりに参加できる力を養成できる。
出前めきめきプログラム 子どもにわかる「災害の仕組みと防災」、「地理情報システムで新宮を探訪しよう」の【出前めきめきプログラム】を実施する。 ・防災や地理情報のような子どもたちに身近な話題を、生徒との双方向交流を意識し、ワークショップ的に進めてゆくことで、子どもたちの理解をより深め、授業のバラエティを増やしてゆく。・大学教員の大学生相手ではない、初等教育にもわかりやすく知識を伝えるという意味で、教育力の幅をつける意味で意義があり、小中高連携の小学校版の取り組みを推進する。
土地力を学ぶスタディツアーST 学生主体の土地力を知る企画を、合宿期間中に2回、日中に「世界遺産の探訪」というテーマで、地域内巡検/スタディツアーとして行う。これを【土地力を学ぶスタディツアーST】と位置づけている。これは学生、院生も文化遺産や系譜について学ぶ機会とする。 ・大人もまきこんだ地域のスタディツアーの企画からも、地域を正確な把握し伝えてゆく術を身に付ける。・もうひとつのツーリズムと称される、福祉文化や人権文化も含みこむ地域資源を掘り起こすことを主眼としており、福祉教育やツーリズム教育に深みを与えることをめざしている。・そのためにも、最低限、土地力を学ぶための合宿を行い、必要と思われるテーマ設定を通じ、この解明の第一段階とする。
新しい中間ワーク創造隊 若者の就労問題について、両大学の力を投入していただき、脆弱な若者層のエンパワープログラムを展開することになる。名づけて【新しい中間ワーク創造隊】として、実験農場と中間ワークの発見、創出の試行調査をおこなう。 平成26年度移行実施であるが、就労を農地再生をもくろむ実験農場の試みと、地方都市における中間就労/中間ワークの発見とネットワーク化をめざしている。
エリアマネジメント隊 域内の中心市街地の再成は、この地の包括的なセーフティーネットのひとつとして大変重要である。そのためのまちづくりの拠点スペースを、市街地の未利用資源や建築物のコンバージョンなどをはかってゆくための【エリアマネジメント隊】を始動させる。 平成26年度移行実施予定。