【開催報告】コミュニティ再生副専攻の紹介(大阪市立大学オープンキャンパス2018)

2018年8月4日(土)、5日(日)に、大阪市立大学杉本キャンパスにて実施された「大阪市立大学オープンキャンパス2018」内のイベントとして、「コミュニティ再生(Community Regeneration)副専攻(以下、CR副専攻)の紹介」を開催しました。

①コミュニティ再生副専攻の授業紹介

2日間にわたって、CR副専攻の授業科目や取組み内容、主専攻との違いなどを、パネルや映像を交えて紹介しました。また、CR副専攻を履修中の学生も説明に加わり、来場者に対して、自身が受講した授業の体験談や現在進行中の取組みなどについて学生目線で紹介し、来場いただいた高校生や保護者の方は熱心に耳を傾けていました。さらに本学が参加しているCOC+事業「わかやまの未来を切り拓く若者を育む“紀の国大学”の構築」についても、紹介パネルを展示しました。

来場者からは、CR副専攻の授業内容や地域社会との交わりについてよく理解でき、いろいろな学部の学生同士の交流の場となるいい授業であるとの意見をいただきました。

[CR副専攻の授業内容の紹介]

 来場者の方へ副専攻紹介をしている様子
    事業紹介をしている様子
 受講生も体験談を踏まえ説明している様子

②CR副専攻学生による「アゴラセミナーⅡ」の成果発表

2日目の午後には、CR副専攻の修了科目「アゴラセミナーⅡ」を履修した学生が、今までの「地域実践演習」、「アゴラセミナーⅠa/Ⅰb」及び「地域志向系専門科目」で学修した知識や実践力を基に、自分達で設定した地域課題及びその解決方法について発表を行いました。学内の教職員以外にも、和歌山大学、大阪府立大学、大阪市(副首都推進局、経済戦略局)などからも多数参加いただきました。それぞれの発表に対して、各教員や出席者による質疑応答やコメントをいただきました。

  • 発表内容

・乙仲通りの課題解決                  (商学部3年生)
・ニュータウン再開発                  (経済学部3年生)
・寒川地区PRビデオ作成                  (経済学部3年生)
・災害時、地域課題における要配慮者問題の周知法      (生活科学部3年生)
・社員寮、寄宿舎に関する法制度                (法学部3年生)
・震災遺構と防災意識                       (文学部3年生)
・ふれあい喫茶・ボランティア               (文学部3年生)
・子育て、貧困、地域が支える                 (商学部3年生)

[アゴラセミナーⅡの発表会の様子]

問い合わせ先

 地域連携センター
   06-6605-2068