COC+”若者の未来を育む“「紀の国大学協議会」が開催されました。

平成30年4月25日(水)、COC+事業として「第4回紀の国大学協議会」がホテルグランヴィア和歌山で開催されました。本学からは池上知子副学長が参加し、CR副専攻のCOC+事業への展開状況の報告や協働機関へのさらなる連携協力のお願いをしました。
協議会終了後、地域連携・創業支援に関する懇談会で、就職支援室の池山室長が、学生の就職志向に関する現状の課題や解決案等について発言をしました。

また、今年度から教育と就職とを連携させる新しい紀の国大学認定制度「わかやま未来創造人」が運営され、各大学の学生が切磋琢磨チャレンジし、その成果の評価として「認定証」が発行され、学生の意欲も支援する制度が開始されます。

紀の国大学協議会全体の様子
池上副学長の挨拶の様子
地域連携・創業支援に関する懇談会の様子
池山室長からの提案の様子

紀の国大学とは

和歌山大学が代表となって2015年度に申請・採択されたCOC+事業「わかやまの未来を切り拓く若者を育む“紀の国大学”の構築」の中心機関で、和歌山県、和歌山県経営者協会、和歌山県中小企業団体中央会、紀陽銀行などに、下記の大学等で構成されています。
[和歌山大学、大阪市立大学、大阪府立大学、摂南大学、和歌山工業高等専門学校、和歌山信愛女子短期大学、関西大学、近畿大学、和歌山県立医科大学]

関連Webサイト

「第4回紀の国大学協議会が開催されました。(2018年4月25日)」

問い合わせ先

 地域連携センター
 06-6605-2068