【開催報告】JR西日本×大阪市立大学 第2回まちのにぎわい創出アイデアコンテスト 最終報告会を開催しました!

 2020年12月23日(水)、本学とJR西日本による連携企画「第2回まちのにぎわい創出アイデアコンテスト」の最終報告会が開催され、最優秀賞、ベストユニーク賞、特別賞が決定されました。

 大阪市立大学とJR西日本による連携企画として昨年度から始まったこのコンテストは、新型コロナウイルス感染拡大の状況から今年度は全面オンラインでの開催となりましたが、さまざまな分野から8組、総勢約40名(ゼミでの参加を含む)のエントリーがありました。テーマは、「より多くの国内外からの来訪者が立ち寄りたくなるような阪和線沿線の魅力・素材の発掘と発信」をテーマとして、新しい生活様式を踏まえたアイデアを募集しました。

 提案内容は多岐にわたり、アプリやポータルサイトを活用した新たな情報発信方法の提案、新しい生活様式の実践を前提としてサイクリングやランニング、校外学習を活用したもの、スポーツ・防災・銭湯・未利用地といった地域の新たな魅力に目を付けたものなどさまざまでした。またユニークな着眼点だけにとどまらず、鋭い考察としっかりした分析・調査に基づく提案がなされており、選考が難航するほどでした。

 参加した学生からは、「周辺地域について調べたり、実際に足を運んだりすることを通して、地域への理解が深まり、阪和線への親しみも増したように感じた」「企業の方から直接フィードバックをいただけたのはありがたかった」「同じ一つのテーマでここまで多種多様な意見、アイデアが出ることに驚きでした」「0から1を作っていく面白さを知ることができた」「実施を見据えた提案ということで実現可能性について深く考えるよい機会となった」といった、前向きな感想を多数いただきました。

JR西日本の担当者は、「いずれの発表も地域の課題を学生ならではのユニークな発想により新しい手法、方向性で解決しようとする前向きで素晴らしいものでした。ぜひ今後のまちづくりの参考にさせていただきたいと思います。」とのコメントをいただきました。

本学とJR西日本は今後も継続して連携を続けてまいります。

 【結果・発表者一覧】
※受賞した提案内容は、JR西日本において施策へのアイデア反映や具現化の検討がされます。

【最優秀賞】
百舌の魅力大発掘プロジェクト
経済学部3年 上野夏美、伊藤瑠奈、岡田逹、坂本光佑、田中洸輔、共田莉奈子、西山結、花田夢果、村木沙綾、安田佳代子
(指導教員:久保彰宏教授)
【ベストユニーク賞】
つぎはぐみどり つながるこころ
工学研究科修士1年、工学部4年 田中佑弥、清水うらら、坂本慶太、吉岡志穂
【特別賞】
阪和線沿線ポータルサイトによる情報発信を核とした沿線ブランディングの実践
文学部2年 濱口鈴乃、加賀美愛、加藤照紘、後藤真采、西夏妃
(指導教員:天野景太准教授)

【特別賞】
Eki-connect 長居で一緒に走りませんか?

工学研究科修士1年 名和滉太、横山圭佑、橋戸真治郎、西上魁人
レンタサイクルを活用した主体的な発見を促す近隣旅行への誘(いざな)い 文学部2年 里中優斗、川崎遙賀、三木恵理佳、田中佐季、加柴綾香
(指導教員:天野景太准教授)
Sports Heritage KAIZUKA 生活科学研究科修士1年 宮﨑千紗
(指導教員:生田英輔准教授)
日帰り銭湯旅行
~阪和線が高齢者の心を繋ぐ~
学生団体Books
(商学部4年・2年)
濱田拓実、細野恭生、菅政成、的場隆史
日常と非日常をつなぐ~地域素材を活用した安心・安全なにぎわい~ 生活科学部居住環境学科3年 和薬真理子、吉居未優、矢部佳夏、鳥居佳穂
(指導教員:生田英輔准教授)

 

【審査員】
宮本 芳明様(JR西日本 近畿統括本部 大阪支社 副支社長)
松中 紗恵子様(JR西日本 近畿統括本部 大阪支社 総務企画課)
保田 地維子様(JR西日本 近畿統括本部 大阪支社 総務企画課)
月元 聖子様(JR西日本 近畿統括本部 大阪支社 総務企画課)
塚原 隆雄様(JR西日本 近畿統括本部 大阪支社 総務企画課)