東成区で、地域の魅力情報を収集するまち歩きを実施しています。

本学では、「東成区の地域資源」の魅力発信のための調査業務を東成区より受託しており、この一環として、東成区内でまち歩きを実施し、地域の魅力情報の収集を行っています。

本学の教職員や東成区役所の職員、更に地域に詳しい案内人に加え、今年度は本学の学生(平成30年度前期の「地域実践演習Ⅳ」の受講生5名)が加わり、東成区の西側を中心に、複数回のまち歩きを実施しています。

まち歩きでは、地元案内人の方や神社の宮司さんなど、東成区の歴史に詳しい人に話を伺い、現場で写真やビデオを撮影し、後日学生により編集後、地図アプリに落とし込む作業を行っています。

今回使用する地図アプリは、現在の地図に昔の地図や航空写真を重ね合わすことが出来るため、単なる現在の観光情報の提供だけでなく、東成の過去の村落の様子や、その開発・発展の様子も合わせて理解できる仕組みとなっており、スマホやタブレットで地域の魅力を確認しながら実際に東成を散策出来るようになることを目指しています。