センターについて

本学の知的財産の開放・教育力・学生力・研究成果など学内資源を種とし、その種を育てる土壌として地域・行政・企業・高校とのつながりを強化し、新たな芽を育て、大学と地域社会をつなぐ役割を果たします。

循環と継続

地域連携センター 所長挨拶

地域連携センター所長近影

大阪市立大学は、教育・研究と並んで大学の重要な使命である「社会貢献」の役割を総合的かつ組織的に遂行するため、2013年2月1日 地域連携センター(Collaboration and Contribution Center for Community)を開設いたしました。

このセンターは、地域の皆様との連携を第一と考え、窓口の機能を強化する「地域貢献」、青少年の知的興味を喚起し、進路の選択に資するために高等学校等と連携を図る「小・中・高等学校との連携」、社会人のスキルアップ・地域の方々の生涯学習機会を提供し、地域づくりに貢献できる優れた人材を養成する「公開講座」、都市大阪の研究等を通じて、地域の課題にこたえる「シンクタンク拠点」として、地域の人々の様々な出会いと交流の場の創造に寄与し、地域の活性化、文化の発展に貢献することを目指します。

地域連携センター所長 宮野道雄
学長補佐(地域貢献担当)


組織・スタッフ

組織図

スタッフ一覧

センター 所長

●学長補佐(地域貢献担当) 宮野 道雄

地域連携センター所長近影大阪市立大学は、教育・研究と並んで大学の重要な使命である「社会貢献」の役割を総合的かつ組織的に遂行し、大学のシーズと地域のニーズのマッチングを図るため、地域連携センターを開設いたしました。
このセンターは、「地域貢献」、「小・中・高等学校との連携」、「公開講座」、「シンクタンク拠点」などの活動や事業を積極的に実施して、地域の人々の様々な出会いと交流の場の創造に寄与し、地域の活性化、文化の発展に貢献することを目指します。


センター 副所長

●地域貢献部会担当 水内 俊雄(都市研究プラザ 教授)

mizuuchi-picture-1

地域貢献部会長としてセンターを支える重責を担うことになりました。大学のインテリジェンスを生かすことを第一に、効果的、効率的な大学資源の活用のもとに研究、教育とスムーズに連動させ、地域貢献の要の機能を今後とも展開させて行くことに務めてまいりたいと思っております。


センター 副所長

●公開講座・小中高大連携部会担当 中村 太郎(理学研究科 教授)

中村 太郎

大学の持つ人的、物的資源を地域に還元することは大学の大きな役割の一つです。その方法として、一般市民向けの公開講座や小学校から高校生向けのさまざまな取り組み(出張授業、模擬授業、研究室見学、高校化学グランドコンテストなど)を行っています。


施設案内

地域連携センター外観

館内見取り図

施設案内-見取り図

学友ホール

activities_facility

隣接する高原記念館 学友ホールでは、セミナー・研究会の開催が可能です。

ミーティングスペース

CIMG7683

来学者とコーディネーター・教員との個別相談スペースとして利用します。

インフォメーションコーナー

パネル展示などによりセンターの事業を紹介します。

この他に、地域連携センターでは、主に大阪市内にサテライト施設を設け、各種公開講座の開催や地域住民の方々との対話の場として活用しています。

アクセス

アクセスマップ

路線図

路線図