【COC+】紀の国大学シンポジウムが開催されました(2017年11月28日)

パネルディスカッションの様子

2017年11月28日(火)、和歌山大学が主催し「紀の国大学シンポジウム」が和歌山県勤労福祉会館プラザホープで開催されました。

本シンポジウムは、2015年度「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」に「わかやまの未来を切り拓く若者を育む“紀の国大学”の構築」(代表校:和歌山大学)として採択された推進事業の一環で、今回大阪市立大学は、参加校として、参画しました。
基調講演、ポスターセッション、パネルディスカッションの3部構成で、基調講演では、文部科学省の高等教育局大学振興課の方から、COCからCOC+への今後の展望、また高知大学、千葉大学の両大学からは、それぞれの方針、推進体制、事例等が紹介されました。ポスターセッションでは、本学からも和歌山をフィールドとした活動事例のポスター展示を行い、それらを指導した三田村教授(都市防災教育研究センター)、水内教授(都市研究プラザ)が説明され、参加された各自治体等と活発な意見交換ができました。


水内教授の発言の様子

パネルディスカッションでは、本学からは水内教授がパネリストとして登壇し、紀の国大学の参加校として、本学と大阪府立大学とが共同で採択されたCOC事業の紹介をベースとして、大阪と和歌山の人財循環についてそれぞれの利点が得られる視点から発言しました。
大阪市立大学では、COC事業の理念である地域の課題を知り、解決策をデザイン提案する能力を有する学生を育成するプログラムを、大阪を中心とした範囲から一部和歌山をフィールドとして学修の幅を広げてCOC+への展開を図っています。


(井上先生、宮野先生、三田村先生、水内先生などが参加者の方と活発な意見交換をされました)


【関連Webサイト】
紀の国大学事務局(和歌山大学COC+推進室)ホームページ

【お問い合わせ先】
大阪市立大学 プロジェクトマネジメントオフィス
〒558-8585 大阪市住吉区杉本3-3-138
TEL:06-6605-2068 FAX:06-6605-3505
E-mail:pmo-coc◎ado.osaka-cu.ac.jp(◎を@に差替えて下さい)