【開催報告】西成区小学校教員向け地域学習研修を実施しました

 2018年8月31日(金)に西成区役所にて、区内の小学校教員を対象とした地域学習に関する研修会を開催しました。

 西成情報アーカイブネット企画運営事業では毎年、大学教員による小学校への出張授業を実施してきました。教員を対象とした講義は今回が2回目となり、区内の小学校全11校のうち9校から計11名が参加されました。
 講義は小学生向けに行っている出張授業の内容をベースに、小学校名や周辺の地名の由来・変遷、昔と今の地図や空中写真の比較、戦時中の学童疎開の状況や空襲被害、高度経済成長期の発展と産業などについて、水内俊雄教授(都市研究プラザ)と吉村智博氏(西成情報アーカイブ学芸員)が解説しました。小学生が興味を引くところ、反応がよいポイントなども紹介しました。
 参加者からは「西成区に転任して間もないため何も知らなかったが、歴史を多く知り、西成について考えることができた」「地形や地名にそれぞれ意味や由来があり、面白いと感じた」「貴重な資料で、今後の指導に生かせるものがたくさんあった」などの感想がありました。

 

吉村智博学芸員(西成情報アーカイブ)

 

水内俊雄教授(大阪市立大学都市研究プラザ)